Mac mini M1などと言うものが巷ですげ~との話だったのでポチってみました。
P2180669

てか、既に持っている古いmac book proを xcode などの開発ツールで使うと遅すぎて耐えられなった!のもありますが・・・(^_^;)

購入したのは、RAMを16GBに増量したカスタムモデルです。
持ち歩かないmac miniなのでSSDは外付けで拡張すれば良いと思うので、こちらは標準の256GBのままです。
 ※てか、256GBを増やすだけで2万円のアップは、昨今のSSDの価格からすると高すぎやしませんか?アップルさん!

P2280677
最初は、天地逆に置いていました・・・w

P2280679
設置は、メインWindowsPCの上。なぜかケースの幅にピッタリ収まる mac mini さんw


と言う事で、M1 mac 使ってみた感じは速くはなっています。
でも今までのが遅すぎただけ?って気もしなく・・・。

xcodeで開発するなら、今使っているWindows10のメインPCなみに使えるようになったので良しとする感じでしょうか?
でも、世間で言われる「絶賛!」と言う感じには、自分は見受けられなかったですw

で、、、作業環境を1つのモニター(&キーボードとマウス、スピーカー)で切り替えて使いたのでUSB切り替え機などを駆使しました。
そしてどうしても音に関しては、モニターのHDMI接続の安いスピーカーだと残念なので、外付けのアナログスピーカー(Creative製 pebble / 電源はUSB接続です)を使います。
ですが、こちら音声切り替え機を使うと、どうしてもヒスノイズが発生して良くありません!

ですが、検索すると先人たちがDIYで切り替え機を作っています。
 ※ヒスノイズの原因として、市販の切り替え機がGNDが共用になっているのが原因だとか・・・

と言う事で、自分も秋月電子からパーツをポチって作りました。
 ※ケースは、3Dプリンターで出力です。(^_^;)
==================================
必要な主要パーツは以下のみ(その他、ケーブルが必要)
4つ【C-08335】 3.5mm4極ミニジャック(4極パネル用) MJ-064H パネル取付用
1つ【P-06778】 ロータリースイッチ(4回路3接点)
==================================

P1120659
沢山の配線ケーブルを地道にはんだ付け・・・。
なお、ロータリースイッチ部のはんだは、中心内側から付けた方が良いです。
外側からやってしまうと、はんだコテが入れにくいです。(やらかしました・・・w)

P1120662
3イン、1アウト仕様です。(アナログなんで逆も可能w)
しかも4極ジャック!を使ったので、スマホの変な規格の奴でも大丈夫!(笑)

P1120667
ロータリースイッチのノブの長さは、のこぎりで切って調節!

P1120676
見た目はショボいながらもこんな感じで出来ました♪
実際ヒスノイズとも全くの無縁で良い感じで動作しました。


で、音の問題は解決したのですが、キーボードが・・・
自分はmac使用している時にもWindowsのキーボードを使っています。

P_20210228_181458
こんな感じで自作シールをキーボードに貼って対応しています。(^_^;)

でも最新 Mac OS の big sur を M1 mac で使うと有名なキーボード配列入れ替えツール「Karabiner-Elements」が、終了時やスリープ時にカーネルパニックを起こしてしまいます。【2021.03.01現在】
上記に張り付けた画像のキーのみならOS標準で入れ替え出来るので良いのですが、その他「かな」や「全角・半角」キーなどの特殊キーの扱いです。

これも入れ替えたいけど、出来ない!
こればっかりは、各所のM1対応待ちでしょうか・・・。残念!

新しモノには、なにかと問題が付きまとうものですな・・・


【補足】
設置した全貌(の写真)は、あまりにも机の上が汚すぎて公開できないッス!(汗)



【以下、楽天市場の告知です】