-->

★つれづれ出張所♪

プログラム開発情報(主にAndroidと組み込み系)を発信していま~す。(*^_^*)

Seagateの新SSD(PCIe 4.0対応!)を投入したのです♪5

★「Seagate SSD もらエール・キャンペーンに参加しています」★

Twitterで見かけた「Seagate SSD もらエール・キャンペーン」などと言うものに何気に応募してたら当選しました。世の中、珍しい事が起きるものです。。。(^_^;)

と、言う事で今回のブログは、当選した時の応募条件を満たすものとなっております♪
予めご了承ください。
=========================================

当選の知らせ
を受けて、住所などの発送先を連絡したら、すぐに到着しました。(アリガト~!)

P1000
じゃじゃーん!!!

『Seagate FireCuda 520』ですよ。

P2000
 パッケージがカッコイイですね。

P3000
容量1Tバイトっす♪
 
P4000
しかも5年保証+データ復旧サービスRescue 3年付との事なので良い感じです。

P5000
一応、付属のペーパにも日本語表記あります。


ちょっとした注意としては、PCIe Gen4規格なのでそれ相応のマザーなどに取り付けないと真価を発揮しません。
(Gen3でも動作します。真価を発揮しないだけです。念のため…)

で、、、今までブログに書いていませんでしたが、いつの間にかマザーとCPUは次のを導入しており、、、
 ・ASRock B560M Steel Legend
 ・Intel i5 11400F
PCIe Gen4にもキチンと対応しているので、これに今回のキャンペーン品を取り付けます。
 ※ちなみにSSDは旧規格品Gen3のまま運用していました・・・(汗)
 ※今回のおかげで晴れて人並みのSSDになれました。感謝!(>_<)


問題は、、、今までのSSD(ライバルであるWDさんのSN750でGen3対応品)からどうやって移行するか?考えましたが、以前m1 macで導入した外付けケースに本SSDを取り付けて、、、
 
P6000
某有名コピーツール(EaseUS Todo Backup Free)で一気にクローンしようと思ったら先のバージョンアップでFREE版は出来なくなったみたい・・・。
仕方なくネットを検索するとWDさんでクローンするツールがあるとの事で、それを使って事なきを得ました。

P7000
 ※高速SSD同士のクローンなので速かったです!この時間の半分程度の30分くらいで終わりました



ですが、、、

あとから調べるとSeagateさんも同じようなツール類の提供がありました!

今回は使いませんでしたが、これらを使ってSSDのクローンが出来そうです。
しかもドキュメントPDFも日本語でバッチリですよ!



そこからマザーボードに付いているSSDと交換して、、、、
 P8000
 ※マザーに付けた写真だけどボケボケでしたw
 ※ちゃんと撮れてたと思ったのに…狭い所で再度ケースを開けるの面倒なのでそのまま掲載っス(汗)

恐る恐る電源ON!
何事もなく認識して、Windows10が起動しました。

※ちなみにSSDが真っ新な状態でm1 macに外部ドライブとして付けてみましたが、問題なく動作しましたヨ!画面撮っておくの忘れた・・・(汗)



簡単なスペックで比較すると、R/W共に速度が全然違います。

新:Seagate FireCuda 520 1T
シーケンシャルRead:5,000MB/s
シーケンシャルWrite:4,400MB/s

旧:WestanDigital SN750 1T
シーケンシャルRead:3,470MB/s
シーケンシャルWrite:3,000MB/s

それが影響している?のか、初っ端からWindowsの動作も心なしか速く感じる!?(ブラシボーか?)


とりあえずキャンペーンの実験用で(汗)、一番プログラムサイズが大きいAndroid向けアプリ(OBDマルチメーター)の全コンパイル(プロジェクトの再ビルドってやつ)をしてみました!
と言うか、もろもろSSD交換前にやっておきました。( ̄ー ̄)ニヤリ

まず、旧SSDの結果・・・。
obd_build
  旧:BUILD SUCCESSFUL in 33s

そしてクローンして取り付け変えたあとですが、再ビルド実行!!!!!
体感上も多少速くなったかな?って感じでしたが・・・

結果・・・
 新:BUILD SUCCESSFUL in 33s

同じ!!!!!!!!!!
 ※よってあえて画面写真ありませんw

う~~~ん、この程度じゃ違いが結果として現れないか?

かくなる上は、超ド級のプログラムをコンパイルしてやるぅ~~!って事で、WSLで動かしているUbuntuで組み込み系のC++プログラムを全コンパイルしました。(プログラムはお仕事上のものなので画面のボカシ多め…)

build_20
旧:WestanDigital SN750 1T
2m0.246s(2分0秒246)

build_10
新:Seagate FireCuda 520 1T
1m59.675s(1分59秒675)


じゃじゃーん!
プロジェクトをCLEANしてから全ビルドを3回行って、3回とも微妙に速くなりました!



プログラムのビルドなので、CPUの影響が大きいとは思うのですが(安いi5で頑張ってます{笑})、
SSDの交換でも一応、成果は出ているようです!(;´∀`)

費用対効果は、人それぞれでしょうが、、、体感上は速くなったので、これはアリだと思います。
 ※てかコンパイルがちょっとでも速くなったのも助かりますワ!(古いSSDはサブ機に入れます)

って、、、あとからスペック表見てて気づいたけど、TBW値が異様に高い!
 今回:Seagate FireCuda520 1T = 1800TBW
 参考:WesternDigital SN750 1T = 600TBW

桁が全然違う!!!
これだけ書き換え可能性能があれば、おなじ5年保証なんだけど、より安心して使えるかもしれない♪
てか、FireCuda520は、この書き換え性能こそが真骨頂ではないか!と思えます。
まだ長期間使っていないので何とも言えませんが、ストレージの安心は非常に重要だと思います。データーが吹っ飛んだら二度と戻ってこないですからね♪

てな感じで良い感じのSSD『Seagate FireCuda 520』でした♪


最後にキャンペーンの条件にあったので、次のURLを紹介させてください。
ショップへのリンクになります。気になった方は見てみて下さい。

・Amazon.co.jpさん


■Seagateさんのオフィシャル・ホームページです
https://www.seagate.com/jp/ja/
■製品ページはこちら・・・


★補足
今回記載している旧SSDの正式な名称は『WD Black SN750 NVMe WDS100T3X0C』になります。
最近同じような型番のが発売になったようですがモノは違います。注意ください。


★おまけ!?
SSD本体背面の比較です。(;´∀`)

P9000
WDさんのは、黒一色。
Seagateさんのは、背面にバーコードなどのシールが貼ってありました。


電動シャッターの故障および修理で闇を感じる・・・

今回の記事は、伏せ字が多いです。闇?の提言となります。
また写真も載せません。ご了承くださいw

で、本題。

クルマを置くのに有名な〇〇〇人乗っても大丈夫な某イ〇〇ガレージに入れております。
まぁ、それなりに古くなったのもあり(約13年)電動シャッターがおかしくなりました。
症状としては、開ける(上げる)ボタンを押しても下がってきてしまう・・・w
止めるや下げるボタンは問題なく動作します。すなわちシャッターが開かない。

で、、、とりあえずネットで調べてみました。

ですが、料金はもとより同じような症状の方のブログ記事など殆ど(全く!?)出てきません!
「電動シャッター」「故障」とかで検索しても、まとめ記事で殆ど同じ業者が書いているのではないか?って記事しか出てきません。
 ※サイトは違っていても記事内容や問い合わせ先が同じと言うビックリ情報!(汗)


通勤等で毎日クルマに乗っている訳ではないので、まずは現実逃避で放置っすw

とりあえず非常時に手動で開けられる機能があるのでそれで凌ぎます。
 ※参考としてこの動画をご覧ください。この動画みたらメーカー分かるじゃんw


こんな感じで開けるのにチェーンを自分で引っ張り回すのですが非常に疲れます。
動画では楽勝に操作しているように見えますが、、、
完全に開けるのに15~20分かかります。
 ※閉めるのは、シャッターの自重で降りるので楽勝です!(;´∀`)


そんで、ご近所の事なら何でも知っている?いつも行っている床屋さんに散髪ついでに相談!(笑)
近くにいいシャッター工事業者さんがあるから連絡してみれば?と言われ電話してみました。

色々と症状などを伝えると、モーターもしくは配電盤の故障だろうとの事。
詳しく調べればわかるけど・・・と話がありましたが、、、

問題はここから・・・。

なんと、某『イ〇〇ガレージ』の電動シャッターのパーツは取り寄せしたくても出来ない!との事。本当に申し訳なさそうに色々と話をしてもらいました・・・。
なお、このガレージに付いている電動シャッターは「三〇シャッター」製で、普段からも普通に取引しているが、某『イ〇〇ガレージ』のパーツ用としては無理との事・・・。

なんじゃそれ!?

現在の日本でまだそんな事があるのかとビックリしましたw

よくよく調べれば、日本で電動シャッターを扱っている会社は数社。5本の指で十分足りるほど。
さらにガレージともなると更に数社。全く参入企業が無いのが分かりましたw
そらぁ、こうなるよなぁ~って感じです。。。


で、、、仕方なくメーカーに修理を頼みました。
1)こちらからメーカーの修理専用番号へ電話
  ※FAX番号ありますか?と嫌な予感がする聞き取りw
2)数日後、近くの営業所から折り返しの電話
  ※工事が立て込んでいるとの事で結構待たされるとの話・・・。
  ※ここでもFAXありますか?と質問されたw
3)一週間ほど経って現場調査
  ※ものの5分もかからず終了w
4)数日後、営業所から営業マンが見積もりを手持ちで訪問
  ※FAXある所はFAXでやり取りすると言っていたけど・・・w
5)翌日、修理願等の書類を郵送で送り返す
6)1週間経っても連絡来ず。
  こちらから電話して折り返し営業から電話。パーツ無いとか何とか…で、修理日の調整
5)修理実施
  ※半日せず修理完了(実時間2時間くらい)

こんなアホみたいなやり取りをしていたので凄い時間(修理完了まで1カ月以上)かかりました。
 ※そもそもFAXなんか取り入れるなよと。書類なんてメールで十分やりとりできるじゃんって感じ。

なお修理内容は、配電盤とモーターをユニットごと全部交換!
(今までのは古くてパーツも無い!との事で全交換。てか10数年で補修部品無いっスか?)
リモコンも使えなくなったので、4つ全部交換!

てな感じで、修理代約40万弱!(←こんな値段の情報ネットに書いてないよね。初かも!?)
 ※見積もりのパーツ代が定価から1割引きで書いてありましたが、一般販売していないのにそもそも定価とは?と思ってしまいましたが…w

電動シャッターが壊れるとこれ位の修理代がかかります。
いずれにせよガレージを建てると必ず劣化して修理が必要になります。
予算を考えておきましょうw
 ※てか、イ〇〇ガレージ安いからって飛びつかない方がいいかも!?結果修理とかで高くなるかも!?
 ※推奨は他のガレージメーカーかも!?どこだぁ~?

でわ~♪ (;´∀`)


【番外?編】
なお、営業の人ではなく修理に来た兄さんに色々と聞きました。
 ※修理そのものは手際も良くイイ感じの職人さんでした

故障個所は、配電盤だったとの事。
 ※後から考察するにコンデンサーではないかと?これだけだったら自分で交換修理できたかも!?

手動で巻き上げていたのは、電動ドリルで使えるアタッチメントがあるとの事。
 ※これ早く言ってよ・・・。絶対に買ってたよw
品は『シャッター巻き上げアタッチメント 三和(C)タイプ』で検索してください。

リモコンは、複数買うと高いからスマホ(Bluetooth)で使えるのが社外品であるよ!
 ※これも早く言ってよって感じ。1個約1万円します。3個買いました・・・(涙)

あ~ぁ、、、こんなイイものあったの?って感じ。
いまさら買えない・・・とほほ

Mac mini M1に外付けSSDを導入して本格運用開始だぁ~♪

内蔵SSDだけケチって購入した mac mini M1ですが、さっそく外付けSSDを導入&アマゾンでポチりました。
01P3020682
じゃじゃーん!

KIOXIA(キオクシア)製のコスパの程々に良い?NVMe SSD をゲットしました。
一応、日本メーカー(旧:東芝メモリー)なのと、お安い割にキャッシュ用にRAM(1GB-DDR4-2666)が装備されているので選びました。容量も1TBと多いです!

02P3020728
コスパ系のSSDなのに5年保証なのも良いですね!
 ※多分、大容量キャッシュRAMが搭載されていて劣化が少ない?ので長期保証になっていると思われます

それにしても手元に届いてビックリ!?「バッファロー」さんの扱いなんですね。
KIOXIAは製造のみ?で、販売サポートはバッファローって感じでしょうかね。

03P3020738
この手のモノでは新鮮に感じる「日本語」説明書。(←特に読む必要もないけど)

04P3020737
アップ画像はこんな感じ。
ブリスターケースに入れっパで写真撮っているのでボケた感じになってしまっていますが・・・w


そんで、MVMe端子なんて無いmac mini M1には、対応する外付けのSSDケースも一緒に確保しました。
 ※名称が長い・・・w
05P3020686
ineoってメーカーの製品です。台湾の企業みたいです。
持ち歩く気もなく固定で使うので、冷却を重視して大型のヒートシンクやFANが付いているのを選びました。

箱を開けると、、、

06P3020705
巾着袋やUSB Type C to C ケーブル(A変換アダプター付)、、、

P3020740
組立るのに必要な小さいドライバー、ねじ、熱伝導シート(←これは引っ付くのが嫌なので使って無いっス)など、必要なものは全部入っていました。

でも、まぁ、持ち歩かないので巾着袋は使わないと思います・・・他の用途で使おう!(^_^;)

07P3020710
あと説明書は、旧バージョンのものらしく、FANへのケーブルが書かれていますが・・・

08P3020749
購入したものは、ケーブルが無く直結できるスッキリしたバージョンになっていました!

09P3020717
本体側面には、ライトプロテクト・スイッチとアクセスランプの青色LEDが付いてます。
筐体の質感も良く!オールアルミでよく冷えそう♪


要点は、冷却用のFANが搭載されていている事とUSB 3.2 Gen 2 対応品って事です!
高温になりがちなNVMe対応SSDの冷却と最高10Gbpsの転送速度を得られます。

さらにこのSSDケースには、制御チップ(コントローラー)に Asmedia ASM2362 が使われていて高速転送と安定化に寄与するなどと評価の高いものが採用されています。
 ※安いへなちょこSSDケースだと制御チップの問題で安定しないのが多いです。
 ※この手のモノを購入する時には制御チップを確認して気を付けてください。

なお、SSDケースのFANは静かです。
てかSSDも高速タイプではないので、そんなに熱が出なくFANすら殆ど回りません。静音です!
 ※後述ベンチマーク取ってる時に微かにFANが動作しました・・・


Mac OS big surでも問題なく認識しました♪
ss01
容量1TBが輝かしい(笑)
 ※Apple純正で1TBものオプションSSDを付けたら幾らになる事やら・・・(汗)
ss03
きちんと制御チップ(と製造元ID)も認識されていますね!
速度もスペック通り『最高10 Gb/秒』と出ています。


Mac の設定も以下のホームページの記事を参考にさせてもらい、ホームフォルダなど殆どのデータはKIOXIAのSSDへ逃がしました。
 【Macのホームフォルダを外付けHDDへ移動する方法】

これらを踏まえ mac mini M1で問題なく使えてます♪


最後に、、、無駄に劣化させないように(笑)、一度だけベンチマーク取ってみました。
ss04
Macで2種類のベンチソフトを走らせましたが、ほぼ同じような値です。
ss05

でも、なぜか?書き込み速度が速く読み込み速度と変わらない・・・w
 ※嬉しい悲鳴!?(;´∀`)

購入したSSDの最大転送速度(1700MB/s)には、NVMe直結ではないので足りませんが、体感上は全く分からないです。
 ※これでも、S-ATAの倍近い速度が出ているんですよ!
 ※よほど馬鹿デカいファイルを何度もコピーしない限り通常は体感できないです!
現時点でこれより速い規格(Thunderbolt 3/最大転送速度40Gbps)等のSSDケースを購入するとなると金額の桁が違ってくるのでコスパに見合わなくなります。(これが不満だったら暫く経って安くなってから買い替えで良いと思います。でも現状で不満はありませんがネ♪)


P3060765
 ※どちらかと言うとSSDケースのカラーは、スペースグレイっぽい系です

てな感じで、XCodeもテキパキと動作するようになり開発環境が整いました。

これを使って某アプリのiOS版も作っていきたいと思っております。(^^)/
完成までかなり先になると思いますが、陰ながら応援ください!?


【追伸1】
ちなみにMacの前にWin10でもベンチ取ったんだけど、Win10ではほぼ規格ピッタリの速度が出ました!
Mac OSだと微妙にそれよりも速度が出ていない・・・Mac OSの最適化がまだ出来てなのかな?w
そこだけOS自体に残念感がちょっとあります。(誤差の範疇だとは思うけど・・・)

【追伸2】
アマゾンにあるineo SSDケースのレビューに付属ケーブルが残念!との記載がありましたが、全然問題無かったです。
 ※逆に手持ちの USB C to C ケーブルだと速度が出なかったですw
本ブログのベンチマークの結果は、すべて付属品によるものを使った結果になります。


 

Mac mini M1なるものを購入して色々とやりました

Mac mini M1などと言うものが巷ですげ~との話だったのでポチってみました。
P2180669

てか、既に持っている古いmac book proを xcode などの開発ツールで使うと遅すぎて耐えられなった!のもありますが・・・(^_^;)

購入したのは、RAMを16GBに増量したカスタムモデルです。
持ち歩かないmac miniなのでSSDは外付けで拡張すれば良いと思うので、こちらは標準の256GBのままです。
 ※てか、256GBを増やすだけで2万円のアップは、昨今のSSDの価格からすると高すぎやしませんか?アップルさん!

P2280677
最初は、天地逆に置いていました・・・w

P2280679
設置は、メインWindowsPCの上。なぜかケースの幅にピッタリ収まる mac mini さんw


と言う事で、M1 mac 使ってみた感じは速くはなっています。
でも今までのが遅すぎただけ?って気もしなく・・・。

xcodeで開発するなら、今使っているWindows10のメインPCなみに使えるようになったので良しとする感じでしょうか?
でも、世間で言われる「絶賛!」と言う感じには、自分は見受けられなかったですw

で、、、作業環境を1つのモニター(&キーボードとマウス、スピーカー)で切り替えて使いたのでUSB切り替え機などを駆使しました。
そしてどうしても音に関しては、モニターのHDMI接続の安いスピーカーだと残念なので、外付けのアナログスピーカー(Creative製 pebble / 電源はUSB接続です)を使います。
ですが、こちら音声切り替え機を使うと、どうしてもヒスノイズが発生して良くありません!

ですが、検索すると先人たちがDIYで切り替え機を作っています。
 ※ヒスノイズの原因として、市販の切り替え機がGNDが共用になっているのが原因だとか・・・

と言う事で、自分も秋月電子からパーツをポチって作りました。
 ※ケースは、3Dプリンターで出力です。(^_^;)
==================================
必要な主要パーツは以下のみ(その他、ケーブルが必要)
4つ【C-08335】 3.5mm4極ミニジャック(4極パネル用) MJ-064H パネル取付用
1つ【P-06778】 ロータリースイッチ(4回路3接点)
==================================

P1120659
沢山の配線ケーブルを地道にはんだ付け・・・。
なお、ロータリースイッチ部のはんだは、中心内側から付けた方が良いです。
外側からやってしまうと、はんだコテが入れにくいです。(やらかしました・・・w)

P1120662
3イン、1アウト仕様です。(アナログなんで逆も可能w)
しかも4極ジャック!を使ったので、スマホの変な規格の奴でも大丈夫!(笑)

P1120667
ロータリースイッチのノブの長さは、のこぎりで切って調節!

P1120676
見た目はショボいながらもこんな感じで出来ました♪
実際ヒスノイズとも全くの無縁で良い感じで動作しました。


で、音の問題は解決したのですが、キーボードが・・・
自分はmac使用している時にもWindowsのキーボードを使っています。

P_20210228_181458
こんな感じで自作シールをキーボードに貼って対応しています。(^_^;)

でも最新 Mac OS の big sur を M1 mac で使うと有名なキーボード配列入れ替えツール「Karabiner-Elements」が、終了時やスリープ時にカーネルパニックを起こしてしまいます。【2021.03.01現在】
上記に張り付けた画像のキーのみならOS標準で入れ替え出来るので良いのですが、その他「かな」や「全角・半角」キーなどの特殊キーの扱いです。

これも入れ替えたいけど、出来ない!
こればっかりは、各所のM1対応待ちでしょうか・・・。残念!

新しモノには、なにかと問題が付きまとうものですな・・・


【補足】
設置した全貌(の写真)は、あまりにも机の上が汚すぎて公開できないッス!(汗)



【以下、楽天市場の告知です】

OBDマルチメーター、オービス対応版アップデートしました♪

すでに公開されているのですが、OBDマルチメーターのオービス対応版(Ver 1.4.0.0)をアップデートしました。

初回公開から3カ月あまり、お待たせしました機能!?がやっと出来ました。
Screenshot_20210205-001604

で、、、申し訳ないですが、有料アイテムとなります。
価格もこれ以上、下げられないギリギリです。。。
Googleさんに30%!
その他、オービスデータ提供元さんと販社さんと自分の合計4者で分けるので仕方がないんです。ご了承ください。。。(>_<)!
 ※次のオービスデータ・バージョンアップ時期(今度の年末頃?)では、もっと上がってしまうかも!?

とは言え、某有名カーナビメーカーさんが採用しているオービスなんちゃらと同じデータを採用しているので、そちらの価格を考えると破格!となっているのでぜひ導入を検討くださいデス!

なお使用するには、マップを表示している事もあり「端末が常時ネットワーク接続されている」ことが必須条件となります。


機能としては、オービス・取締ポイントに近づくとメーター画面に割り込んで表示されます。
screen10
 ■高速(もしくは有料)道路の場合は、おおむね2km前から警告を行います。
 ■その他、一般道では、おおむね1km前から警告を行います。
おおむねとアンニュイな書き方をしているのは「進入角度や速度などにより」この距離が前後する為です。
そんで、その計算が非常にムズかった・・・(>_<)
内部的な事を書くと、、、GPSにより位置情報、進行方向(2点即位)を演算してポイントを割り出しています。これ単純に書いていますが、端末間の誤差や狂いなどもあり非常に厄介!
本当は端末のコンパスを使おうと思っていたけど、微妙な性能の端末も多く断念してGPSの2点即位に変更した経緯もあります。。。
でも、そのGPSもスマホだと更新速度がそんなに速くないので(1秒に1回の更新)進入角度なども狂ってしまいがちなので、それらの補正など色々とプログラムを改良して作ったものとなります。

あと、収録種別として高速(有料)道路、一般道路をあわせ、以下のものが入っています。
 ■取締ポイント、ループコイル、レーダー、Hシステム、LHシステム、センシス、レーザー、移動式、光電管

その他、提供されたデータに入っていなかった、うちの近所(埼玉県のどっか)の取締ポイントも追加で入れておきました。(^_^;)

てな感じで、新機能が加わりました。


更にちょっとした「おまけ?」として、OBDに接続しなくても(オフィシャルデバイスを接続しなくても)メーター画面にさえしておけば、オービス・ネズミ捕り機能は動作するようにしておきました。
見た目はさみしくなりますが、専用ハードウェアを購入しなくてもGPSを使った警告は動作します。
ある意味、この手のモノとしては格安!で動作しますので、オービス機能だけでもお使い頂ければと思います。

では、これからもOBDマルチメーターをヨロシクです♪


【宣伝です♪】