-->

★つれづれ出張所♪

プログラム開発情報(主にAndroidと組み込み系)を発信していま~す。(*^_^*)

テスラ車は自動録画しています。その記録メディアについて。

テスラ車には、自分の購入したモデル3も含め、前後左右にカメラが沢山ついています。
P_20211007_154912_vHDR_Auto_HP
これは、セキュリティーにも使えるようになっていて、、、
 ★ドライブ中のドラレコ機能!
 ★停車中の監視機能!
と別売品を購入して取り付けなくても標準で付いており機能します。

しかも車両が異常を検出すると、持ち主にスマホへ通知したり、不審者を威嚇(音やライト等)したり、それはそれは物凄いセキュリティ機能が付いています。
よって駐車場でドアパンとかして逃げても無駄なので、きちんと名乗り出て下さいね♪w
 ※ガソリン車と違い監視機能のバッテリーもまず切れませんので、写っていないって事もありません(笑)

で、、、この録画データをどこに記録するのかと言いますと、車体そのものに記録と同時に外部USBデバイスに記録できます。
自分が購入した車両には、純正で128GのUSBメモリーが付いていました。
ですが、その容量だと心許ないのと、何度も記録を繰り返すと劣化するので定番のSSD化を行いました。

普通であれば、テスラユーザーで定番の推奨SSD?を使うのですが、PC用のSSDが結構手元にありますので、それを流用する事にしました。
 ★SSD本体:A-DATA製 SU630(容量1TB)
 ★SSDケース:ORICO製 2521C3(USB-TypeC接続ケーブル付)

P7221041
1TBもの容量があれば、十分でしょう!(;´∀`)
P7221051
と言う事で、安いUSBケースと共にモデル3のグローブボックス内に取り付けました。

相性もある?との噂でしたが、問題なく動作しました!(USB-SSDコントローラーにド定番のチップを積んでいるのを選んでいるのも勝因と思いますw)
なお、WindowsPCでパーティションを2つに分割してから車両に接続しています。
 ★768GBを今回の録画記録用
 ★残り200GB位をオーディオ(MP3とか)用
※やり方は取説見て下さい・・・w

P9241247
それにしても妙にピッタリな、グローブボックス内のくぼみにジャストフィット♪
 ※SSDケース上面にアクセスLED(青色)があるんで、ピッタリ見えます。

P9241250
格安車検証入れ(スヌーピーの絵柄が載っていたやつ)を入れても大丈夫ですよ。
 ※なぜか車検証入れのみ車両に付属されていません。今まで車を買って初めてです。(^^;)

なお監視機能で録画されたものは、こんな感じで車両でも再生できます。
PA091257
車両の前をカートを押す人が録画されたものになります。(実際の映像は綺麗です。ブログ掲載するのにわざと汚くしています)
イベントの発生した部分で、赤い●印が示されるので確認するのも楽です。AIとか?で画像解析されていると思われます。
 ※フロントとは別にリヤ、右、左も個別で録画されているので、拡大表示しても綺麗に再生できます

と言う事で、とりあえずセキュリティに関して最強!?となりました♪


■告知です
   

■SSDケースは楽天市場の「風見鶏」さんも見てみて下さい



もの凄い久しぶりに自動車(テスラ・モデル3)を買いました♪

クルマのブログなので「みんカラ」に上げるのがセオリー?なのですが、今回特殊なことをやりたい!?と思っているので、それが「みんカラ」の規約に触れそうなので?こちらに書いていこうと思っています。

まず、12年ちょっとぶり?に車を購入しました。巷で話題の電気自動車のテスラ・モデル3です。
P_20210914_182242_vHDR_Auto

色々と言われて叩かれ易い?メーカーですが、やっている事の先進性などが気に入り、思い切って購入しました。(5月頭にポチって9月中旬に納車となりました♪)
とにかくスマホライクと言いますか、OTAバージョンアップで機能がどんどん変わって行くので、購入後も楽しめそうなのも購入ポイントです。

そして、そのスマホみたいな部分に興味が沸いて、調べたら世界にはテスラを解析している方々が沢山いました。
例えばですが、以下になります。。。

いずれも車両通信(主にCAN-BUS)をキャプチャーして色々とどうなっているのか?を調べて一部ですが公開してくれていたりもします。
で、これら先人の解析により事前に色々と分かっていたので、自分も「やってみたく!」車両購入にたどり着いた次第です(笑)。

まずは、テスラ界隈の方々はOBDと騒いでいる品になりますが、、、
PA091247
このようなCANを取り出す変換ケーブルを繋いでアプリを作ってみたい次第です。( ̄ー ̄)ニヤリ
 (※このケーブルに12Vとアースが来ているので分岐すれば疑似ACC電源取るの楽っす!)

PA091251
今までに発売させて頂いている『新型OBDマルチメーター』本体を使えば、CAN通信のデータが取り出せるので、これとの組み合わせで行こう!と思っています。
 (※この↑写真で写っているOBDマルチメーター本体は開発用の試作品です)

なお、テスラはOBD2仕様のコネクターや通信は一切ないので、OBD2とは違います。念のため・・・(^^;)
(テスラをOBD2仕様でプログラムしても一切車両通信を取得できませんヨ!)

と言いう事で、最初に書いた「みんカラ」だと宣伝などは一切やってはいけない規約なので、、、
(市販されているOBDマルチメーターとかバシバシ書いているので宣伝扱いになっちゃう!?)
こちらのブログでテスラ・モデル3の解析やらアプリやらも、一緒に書いていこうかな?と思っています。

PS.
うまく行けば、お世話になっている販社さん(MAXWINブランド)からケーブルとOBDドングル機器のセットで販売してもらおうかと思っています。(^_^;)






【お知らせ】本ブログのコメント機能について

どうもです。
更新が遅い!?ブログをご覧いただきありがとうございます!(汗)

本ブログは、ライブドア社のシステムを使わせていただいています。
そして記事毎にコメントが書ける機能があります。

で、このコメントに書き込んでいただいても直ぐには反映しないのでご了承ください。
コメントの内容を確認してから掲載するような設定にしています。
またその確認作業も暇な時にやっていますので、時間を要する時があります。

基本的には、ほぼ全てのコメントをそのまま掲載するようにしていますが、個人情報に関わる事や社会的に問題となる非難中傷などは掲載を控えさせていただきます。

以上ご了承の上、コメント機能をお使い頂ければ幸いです。

OBD2の分岐ケーブルは使えるのか?使えないのか?4

結構まえからOBD2の分岐ケーブルが使えない!とか、どうすれば使える?のかネット上で見受けられます。
デマ情報?や頓珍漢な回答を行っているものも見受けられるので、ここで説明したいと思います。

AP8021111

まず、回答として分岐ケーブルが使えるのは「条件による!」と答えておきます。
ここからは、その仕組みと使えない理由を示していきたいと思います。

1)通信接続プロトコルによる
OBD2と一言にいっても、接続コネクターと通信コマンドのザックリな仕様だけですので、この仕様に合致しないものは分岐して使えません。
例えば、当方のアプリで示す「SUZUKI K-LINE」や「TOYOTA K-LINE」などのOBD2仕様ではないメーカー独自プロトコルは、間違いなく使えません。

2)K-LINEなどのシリアル通信はダメ!
さらにCANと呼ばれる通信方式以外のプロトコルは、シリアル通信(昔のRS232Cみたいな感じ)なので、1対1通信が基本となるので使えません。
例えば、「XXX K-LINE」とか「ISO9142」「SAE J1850」「ISO 14230」などが該当します。
これらの通信プロトコルでは、2つのデバイス機器から互いに割り込んで通信は出来ないのでNGとなります。

3)CAN通信は複数接続できるけど・・・
「ISO 15765-4 CAN」などのCAN通信は、通信規格上複数デバイスを接続しての通信は可能となっています。
ただし、ここで注意したいのはOBD2仕様のコマンドでは、1対1通信を前提として作られているので、複数の接続されたデバイスからコマンドが発行(送信)されると、そのコマンドが衝突する時があるので、殆どの車両は誤動作を起こし得ます。
少なくとも当方のアプリ(「OBD Info-san!」や「OBDマルチメーター」)は、OBD2仕様に基づいたコマンドを車両に向けて発行(送信)するので、同じような仕組みのデバイスと接続するには注意が必要です。

例えばですが、CAN通信で車両専用の読み込みしかしないデバイスとの組み合わせだと、分岐して双方のデバイスで動作する可能性が非常に高いです。ただし、このような機器は極まれだと思われます。

4)どちらか片方のみであれば動作する?
分岐させたデバイスを2台同時に動作させずに片方のみであれば、動作する可能性が高いです。
ただし、K-LINEなどのシリアル通信は、規格が古い為ノイズにも弱く信号が減衰する可能性がある為、かなり高性能なケーブル(&更に短いケーブル)でないとお勧めしません。
またソフトスイッチが付いたOBD2ドングルだとモノによっては、勝手に起動してしまう可能性もあるので、注意してください。特にAUTO接続プロトコルがONになっているとドングルが各種通信プロトコルを試すのでハチャメチャな事になり兼ねません。

以上になります。
どうでしょうか?
OBD2分岐ケーブルが使えるのは基本的にCAN通信をしている車両のみと思ってください。
また使えたらラッキー!と思うくらいの余裕でお試しくださいネ!

当方も開発用にOBD2分岐コネクターは使っていたりしますが、、、
BP8021113
こんな付け方(ドングル2個)では双方同時に動作しませんので注意してくださいね。(;´∀`)




Seagateの新SSD(PCIe 4.0対応!)を投入したのです♪5

★「Seagate SSD もらエール・キャンペーンに参加しています」★

Twitterで見かけた「Seagate SSD もらエール・キャンペーン」などと言うものに何気に応募してたら当選しました。世の中、珍しい事が起きるものです。。。(^_^;)

と、言う事で今回のブログは、当選した時の応募条件を満たすものとなっております♪
予めご了承ください。
=========================================

当選の知らせ
を受けて、住所などの発送先を連絡したら、すぐに到着しました。(アリガト~!)

P1000
じゃじゃーん!!!

『Seagate FireCuda 520』ですよ。

P2000
 パッケージがカッコイイですね。

P3000
容量1Tバイトっす♪
 
P4000
しかも5年保証+データ復旧サービスRescue 3年付との事なので良い感じです。

P5000
一応、付属のペーパにも日本語表記あります。


ちょっとした注意としては、PCIe Gen4規格なのでそれ相応のマザーなどに取り付けないと真価を発揮しません。
(Gen3でも動作します。真価を発揮しないだけです。念のため…)

で、、、今までブログに書いていませんでしたが、いつの間にかマザーとCPUは次のを導入しており、、、
 ・ASRock B560M Steel Legend
 ・Intel i5 11400F
PCIe Gen4にもキチンと対応しているので、これに今回のキャンペーン品を取り付けます。
 ※ちなみにSSDは旧規格品Gen3のまま運用していました・・・(汗)
 ※今回のおかげで晴れて人並みのSSDになれました。感謝!(>_<)


問題は、、、今までのSSD(ライバルであるWDさんのSN750でGen3対応品)からどうやって移行するか?考えましたが、以前m1 macで導入した外付けケースに本SSDを取り付けて、、、
 
P6000
某有名コピーツール(EaseUS Todo Backup Free)で一気にクローンしようと思ったら先のバージョンアップでFREE版は出来なくなったみたい・・・。
仕方なくネットを検索するとWDさんでクローンするツールがあるとの事で、それを使って事なきを得ました。

P7000
 ※高速SSD同士のクローンなので速かったです!この時間の半分程度の30分くらいで終わりました



ですが、、、

あとから調べるとSeagateさんも同じようなツール類の提供がありました!

今回は使いませんでしたが、これらを使ってSSDのクローンが出来そうです。
しかもドキュメントPDFも日本語でバッチリですよ!



そこからマザーボードに付いているSSDと交換して、、、、
 P8000
 ※マザーに付けた写真だけどボケボケでしたw
 ※ちゃんと撮れてたと思ったのに…狭い所で再度ケースを開けるの面倒なのでそのまま掲載っス(汗)

恐る恐る電源ON!
何事もなく認識して、Windows10が起動しました。

※ちなみにSSDが真っ新な状態でm1 macに外部ドライブとして付けてみましたが、問題なく動作しましたヨ!画面撮っておくの忘れた・・・(汗)



簡単なスペックで比較すると、R/W共に速度が全然違います。

新:Seagate FireCuda 520 1T
シーケンシャルRead:5,000MB/s
シーケンシャルWrite:4,400MB/s

旧:WestanDigital SN750 1T
シーケンシャルRead:3,470MB/s
シーケンシャルWrite:3,000MB/s

それが影響している?のか、初っ端からWindowsの動作も心なしか速く感じる!?(ブラシボーか?)


とりあえずキャンペーンの実験用で(汗)、一番プログラムサイズが大きいAndroid向けアプリ(OBDマルチメーター)の全コンパイル(プロジェクトの再ビルドってやつ)をしてみました!
と言うか、もろもろSSD交換前にやっておきました。( ̄ー ̄)ニヤリ

まず、旧SSDの結果・・・。
obd_build
  旧:BUILD SUCCESSFUL in 33s

そしてクローンして取り付け変えたあとですが、再ビルド実行!!!!!
体感上も多少速くなったかな?って感じでしたが・・・

結果・・・
 新:BUILD SUCCESSFUL in 33s

同じ!!!!!!!!!!
 ※よってあえて画面写真ありませんw

う~~~ん、この程度じゃ違いが結果として現れないか?

かくなる上は、超ド級のプログラムをコンパイルしてやるぅ~~!って事で、WSLで動かしているUbuntuで組み込み系のC++プログラムを全コンパイルしました。(プログラムはお仕事上のものなので画面のボカシ多め…)

build_20
旧:WestanDigital SN750 1T
2m0.246s(2分0秒246)

build_10
新:Seagate FireCuda 520 1T
1m59.675s(1分59秒675)


じゃじゃーん!
プロジェクトをCLEANしてから全ビルドを3回行って、3回とも微妙に速くなりました!



プログラムのビルドなので、CPUの影響が大きいとは思うのですが(安いi5で頑張ってます{笑})、
SSDの交換でも一応、成果は出ているようです!(;´∀`)

費用対効果は、人それぞれでしょうが、、、体感上は速くなったので、これはアリだと思います。
 ※てかコンパイルがちょっとでも速くなったのも助かりますワ!(古いSSDはサブ機に入れます)

って、、、あとからスペック表見てて気づいたけど、TBW値が異様に高い!
 今回:Seagate FireCuda520 1T = 1800TBW
 参考:WesternDigital SN750 1T = 600TBW

桁が全然違う!!!
これだけ書き換え可能性能があれば、おなじ5年保証なんだけど、より安心して使えるかもしれない♪
てか、FireCuda520は、この書き換え性能こそが真骨頂ではないか!と思えます。
まだ長期間使っていないので何とも言えませんが、ストレージの安心は非常に重要だと思います。データーが吹っ飛んだら二度と戻ってこないですからね♪

てな感じで良い感じのSSD『Seagate FireCuda 520』でした♪


最後にキャンペーンの条件にあったので、次のURLを紹介させてください。
ショップへのリンクになります。気になった方は見てみて下さい。

・Amazon.co.jpさん


■Seagateさんのオフィシャル・ホームページです
https://www.seagate.com/jp/ja/
■製品ページはこちら・・・


★補足
今回記載している旧SSDの正式な名称は『WD Black SN750 NVMe WDS100T3X0C』になります。
最近同じような型番のが発売になったようですがモノは違います。注意ください。


★おまけ!?
SSD本体背面の比較です。(;´∀`)

P9000
WDさんのは、黒一色。
Seagateさんのは、背面にバーコードなどのシールが貼ってありました。