★つれづれ出張所♪

プログラム開発情報(主にWindowsPhone!)を発信していま~す。(*^_^*)

Jumper T16

Jumper T16をPlus化してアップグレードします♪

前回のつづきです。

Jumper社のオフィシャル・ショップで購入したアップグレードキットを取り付けます。

【Aliexpressにある↓オフィシャルショップです】
http://s.click.aliexpress.com/e/31Ba6vze


01
ちょびっと嬉しかったのは、Plus用のブラックエンブレムが同梱されていた事!
(R側の箱に入っていました)
これで正真正銘のT16 Plus化できる!うれしい♪

02
こちらが今までのジンバル。

03
これが新しいボールセンサージンバル。

明らかにセンター部のセンサーが違っています。

付け替えは、かなり簡単な方です。
05
ここ(赤まる部)のネジのみサイズが微妙に違うので間違わないようにしてください。
分からなければ、Jumper T16で検索すればYoutubeで分解している動画が見つかると思います。

で、完成!

08
エンブレムもブラックタイプになって精彩になりました。さらに操作スティックもグレードアップ!
これで最新製品のT16 Plusになりました。

やったね♪


いやぁ~、Jumper社さん既存ユーザーにアップグレードキットを発売してくれてありがとう!

Jumper T16に新しいPlus現る!ちょいムカつくw

例のJumper T16故障して補修パーツが届く間に、なんとT16 Plusなる新製品が現れました。
T16Plus
なにやらジンバルがより高性能のホールセンサー方式になったみたいです。
あとT16のエンブレムがブラックになりより精彩に!(;´∀`)

こちとら故障して使えないのに新製品出しやがって!・・・とちょっとブルーな心境に・・・。

まえのブログでも書きましたが、その間にX9 Lite Proを購入しても、T16の修理が出来ても、、、ちょっと気になっていたら、Jumper社のオフィシャル・ショップで既存のT16をPlus化するキットが現れました♪

【Aliexpressにある↓オフィシャル通販サイト】
http://s.click.aliexpress.com/e/s389StHW


こうなりゃ買ってやる!
Plus化するのじゃ!

と、速攻でポチリましたw

でも一応考えがあってのポチリです。決して勢いだけではありませんw
前のジンバルも故障したので、また壊れる可能性もある!?ので、その予備も兼ねて買おう!とポチリました。(;´Д`)


届きました!
1
 ※いつも一瞬で届いたかのように書いていますが、だいたい2週間ほどです。ハイ!

購入したのはアップグレードキットのBセット(Gift B)です。下記のものがセットになっています!
キャプチャ
 1 pair hall gimbal
 1 set  anti-slip control rocker
 1 pcs scroll sheel

で、次につづく・・・

悲劇・・・Jumper T16がぶっ壊れる。マジかよ!(;´Д`)

最近、災難が多いです。買うものが良くブっ壊れまくっていました。(;´Д`)

 

前回の続き?ですが、右スティックの操作がなんか変です。

分解してよく見ると、ジンバルが割れていました。

01

02
 

販売店に相談するも、ちょっと待て!と言われ長期間・・・放置w

 

これでは埒が明かないとJumper社に直接ヘルプのメール!

なおJumper社は、この様な時は購入店に問い合わせろ!と書いてありますが、事情が事情なだけに販売店情報も添えて問い合わせ。

 

そしたら程なく、『Jumper社から販売店に連絡した』→『販売店焦って返信連絡』→『販売店、交換パーツ送った』とあっと言う間に状況改善♪

 

無事、交換パーツが届きました。(;´∀`)

DSCN8222

DSCN8226
 ※新しいブツ!壊れてないぜ!新品だぜ!(;´∀`)
 

なお、今では交換パーツが直接購入できるので、そちらでサクッと済ませてしまえるかと思います。

 ※AliexpressにJumper社のオフィシャルショップが出来ています

 

で、故障して使えない間にムカついたので、FrSky社のX9 Lite Proをポチっていたのでありますw



Jumper T16というプロポをゲットしました。でも悲劇が・・・(>_<)1

数年前より仕事でドローンに関すること「も!」色々とやっています。

これはこれで楽しいのですが、いざ遊びでドローンをやろうとすると色んな制約(飛ばせる場所や各種法律など)があり、躊躇していました。

あとは、まぁ金銭的なものですね。

仕事では、結構なお値段をするものを使っていたりしますが、遊びでそこまでするものを用意するのは躊躇します。(;´Д`)

 

そんな中、Jumperという中華メーカーからとんでもなくコスパの高いプロポが発売されました。

3
4.3
インチのフルカラー液晶が付いている『Jumper T16』というモノです。

https://www.jumper.xyz/t16/

しかも、日本の法律に完全合致する技適認証済み!

 

技適認証されているものは、ほぼ日本製しかなく、しかも値段が高い。

先に示したJumperT16と同じような性能のプロポを手に入れるには、日本のフタバ電子製の『16SZ』でしょうか?

値段は、、、¥89,000(税別)します。

https://www.rc.futaba.co.jp/propo/air/16sz.html

 

で、先ほどの『JumperT16』ですと、、、中華からの通販で送料込みでも2万を余裕で切る値段です。
(※ただし電源用に18650タイプの電池が2本必要です。千円もしませんが…)

フタバ製だと1台しか買えませんが、JumperT16だと4~5台も買えます!(;´∀`)

 

これは相当なインパクトです。ラジコン業界が震撼する出来事なんですよ。

 

んで、4月中旬に早速ポチったのですが、届くまでに1カ月以上かかりました。

理由は、、、初期ロットに不具合があったからとの事。

自分のオーダーしたショップからは、対策版を送るから待ってほしい(もしくはキャンセル返金)と連絡が入り、自分は待つことを了承しました。(※対策版であれば普通に待ちますよね♪)

 

そして忘れかけてた5月下旬、やっと届きました。

 P_20190530_004752

速攻で技適認証マークを確認。通信モジュールに認証マークが貼ってあります。

P_20190530_005456
 ※↑御光の様に輝く技適認証マーク!!!

総務省のホームページで『211-181019』を入力して確認。

https://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01

バッチリです!

 

で、、、この『JumperT16』なるプロポ。色々と凄いんです。

OpenTXなるオープンソース・プラットフォームに対応していて、ユーザーが自由に色々と出来ちゃいます。
https://www.open-tx.org/

(オープニング画面や警告用音声ファイルの入れ替えなども楽勝!)

 

これだけでも凄いのですが、さらに『APM and PIXHAWK』に対応しています。

これは『なに?』と思う人が多いと思いますが、こちらArduPilotというこれまたオープンソースなるプロジェクトになります。

http://ardupilot.org/

 

ArduPilotは、マルチコプター(ドローン)や従来型飛行機、ヘリコプター、自動車などを制御するためのプロジェクトです。これに対応するハードウェアも各種売られています。

 

なお、Intelが数年前に発表したドローンもArduPilotの技術が使われたりします。

https://newsroom.intel.com/chip-shots/new-opportunities-tech-drone-developers-enthusiasts/#gs.ijohbi

 
と、とにかく凄い!とだけ覚えておいてください。(;´∀`)

P_20190530_011831

 ※フルカラー液晶が良い感じ♪ 

 

プロポ『JumperT16』が手に入ったので、これに合わせてArduPilotを使ったドローンの遊び(開発?)をこれから不定期に発信してみようかと思っています。気長にご期待!?ください。

 

なお、仕事ではDJIのフライトコントローラー等を使った各種開発「も!」していますが、昨今の世界情勢を垣間見るに(DJI製ドローンの使用が禁止される?など)他の方法がないのか?などの話もチラホラと聞くようになってきました。

それに対する代替ではないですが、誰もが安心して使える全公開のオープンソース・プロジェクトである『ArduPilot』いかがでしょうか?

(※『安心して使える』でも、使用した責任は使う側!です。これ重要!当たり前の事なんですけどね)

 


とブログ用の原稿を書いて、いざ掲載する段階で悲劇が・・・

Jumper T16ですが、ぶっ壊れましたw

落ち込みました。トホホ

 

それから約一週間。やっと精神が安定してきたので(汗)、ブログに掲載します。

で、故障がどうなるのか?(現在進行形です。。。)

つづく・・・