★つれづれ出張所♪

プログラム開発情報(主にWindowsPhone!)を発信していま~す。(*^_^*)

Windows8

はい!Win8.1タブレット買いました

レノボの¥5000キャッシュバックキャンペーンにつられてWindows8.1の8インチタブレット Miix2 8(64G)モデル を購入しました。(^^;)
とりあえず開発用にGPSが搭載されている機種を前から狙っていたのですが、安くなったのもあり!?やっと購入ですw

ここからは、今更感がありますが、開封の儀です。


DSCN2281
まずパッケージ。本体サイズとほぼ同じくらいの箱に入っています。
(ただし上げ底ですw)


DSCN2283
ちなみに Made in Chinaです。
製造(出荷?)は、今年の3月下旬。古すぎず、新し過ぎず?って所でしょうか?


DSCN2285
ふたを開けると本体がドカーンと現れます。


DSCN2287
付属品は特に多くなくUSBケーブルと充電用アダプター。ケーブルはちょっと太めです。
それとOffice H&B 2013のライセンス。
あとは物凄く簡単な説明書など。


DSCN2292
ちょっと見辛いですが、充電(USB)アダプター。
OUTPUT 5.2V 2.0Aです。結構大電流?よって付属のUSBケーブルも太目なんだと思います。
※必ず付属のケーブルを使った方が良いでしょう!(^_^;)

DSCN2294
で、速攻で不要なソフトをアンインストールします。
McAfeeやバイドゥIMEなど・・・。こんなゴミ入れるな!って感じですねw

あとはWindows UpdateをかけてOSを最新版に一気にします。
※オリジナルは、Win8.1でした。そこからWin8.1 Update1へ更新します。

そこそこ時間が掛かりますので、暇な時にやりましょう♪


DSCN2300
と言う感じで取り敢えず使える様になりました。
あと、どこかのプレゼント(だったと思う?)で頂いたBluetoothキーボードとマウスを繋いでミニミニWindows環境の出来上がり!

その後、開発用にリモートデバッグ用のソフトなどをインストールして完成です。

スペック的には、画面解像度がWin8.1規格での最低解像度なので抵抗感があるかもしれませんが、自分は特に問題無かったです。
それよりもCPUが速くそれなりにキビキビ動作するので、イイ感じです。
あとこれが最低スペック?になるので、最悪これで操作する様にアプリを作れば良いので、開発用リファレンスとしてはイイと思っています。

てな感じで、今後地味~にアプリ(過去の予告通り…OBD2アプリかな?)を作って行こうと思っています。
※時間があればですが…(^^ゞ

PS.
噂ですとこの機種は、初期不良などが多いと聞きます。
ですので、購入される方は、それなりの覚悟をもって買いましょう!(;´Д`)
ちなみに自分はセーフ!でした。製造が新しくなって改修されているんですかね!?

Winストアアプリ バージョンアップとAdvertising SDKの罠!?

久しぶりにWindowsストアアプリ『ガソリン給油メモ』をバージョンアップしました。
まずは、bing mapの開発者キーがなぜか!?Trial(期間限定?)だったので、Basicに登録し直しました。
そして使って頂いている方から動作がうまくいかない所があると連絡があったので、処理を見直してみました。

で、今回の本題。

もともと前バージョンまでのアプリ内の説明文にも将来有料もしくは広告を入れるよ!って書いてあったのですが、今回広告を取り入れてみることにしました。
いつやろうかな?と思っていた所にch3coohさんが、広告に関するブログを記載して頂いたので重い腰を上げて!?有言実行すべくアプリに広告を入れてみました。
(ch3coohさんありがとうございます!)

まず、自分の開発環境では、Advertising SDKのライブラリ DLL を参照設定するとVisual StudioおよびBlendのXAMLデザイン表示でエラーが頻発して開けません(涙)!
BApGZ7NCIAAPOSK
これに関しては、解決方法が未だに分かっていないので無視することにしましたw
幸か不幸か?デザインツールは開けないけど、ビルドは通って実行ファイルは作れることが分かったので、デザインする時にはライブラリDLLを外してチェックすると言う結論に至りました。(^_^;)

そして黙々と組み込んでいて問題に突き当たりました。

なんと画面下部に表示している広告バナーが、メニュー(AppBar)を開くと常に前面に表示されてしまうではないですかぁぁぁぁぁ~~~!
screenshot_01172013_140920

更にオリジナル拡張?したチャームのウィンドーにも影響が!
screenshot_01172013_141152
※読めやしないし、これだとたぶん審査に落ちると思います。。。(T_T)

これにはビックリ!XAMLの配置が悪いのか?と色々試すも撃沈・・・。
こうなったらメニューのオープン時にAdControlのVisibilityを非表示(Windows.UI.Xaml.Visibility.Collapsed)にしてやろうとすると今度は、タイミングによっては再表示されなくなる(バナーが白くなる)事が発覚。(>_<)!
特にスナップ時には、広告を表示しきれないので広告バナーをオフにしてやろうと思ったのですが、AdRefreshed()のコールバック前にVisibilityをオフ(Collapsed)にすると次にオン(Visible)にした時に白くなる現象が出てお手上げ!

八方ふさがりになりました。。。

とりあえず初心に戻りw、pubCenterを眺めてみると下部に help などの項目があり、そのには Forum と言う救世主とも言える場所がありました。
pubcenter
拙い英語力でフォーラム内を読み漁ると、自分と同じ問題を指摘する項目を発見!
読むとSDKのバグとの報告あり! orz

誠意FIX版を作っているが、それまでは次の対処法で暫定対応してほしいとか?
(該当フォーラムを見失ったんでメモ書きだと以下のような感じ・・・w)
 // in AppBar.onbeforeshow handler
 AdControl.Suspend(false);
 // and in AppBar.onbeforehide handler
 AdControl.Resume();

AppBarのオープンやクローズ時に入れて頂戴!って事で、まぁ普通こんな事分からんよなぁ~って事で一件落着。とは言え暫定なので、自分が試す限り本当に『ごくまれに』前面に出っ放しになる事があるようですが、許容範囲かと。審査も通りましたしね。(^_^;)

あと、AdControlのVisibility制御もAdRefreshed() or ErrorOccurred()後に入れなきゃダメよ!って事です。ハイ!

Windows8に環境を移行しました

メインPCの環境をWindows8に完全に移行したのでとりあえず情報提示です。
まず、約一年前にエントリー(http://ganchi.doorblog.jp/archives/4240942.html)で書いたhpのノートPC(dv6-6118tx)でのドライバ関連から。

まずはデフォルトで入っていたWin7(x64)からのアップデートでほぼ問題なくWin8化されます。
ただしグラフィックドライバがIntelチップセットのみしか認識しません。せっかくRadeonが搭載されているのにもったいないです。

そこでメーカー(hp)のホームページを普通に辿りますが、dv6-6118tx用win8関連のドライバがひとつもありません!(T_T)
で、よく調べると以下にあります。
http://h10025.www1.hp.com/ewfrf/wc/softwareDownloadIndex?cc=jp&lc=ja&dlc=ja&softwareitem=ob-110615-1
これでまずは、問題なし!と思ったら指紋認証の動作がイマイチ変!!!
そこで最新機種のdv6-7016tx Entertainmentと同じと思われるので以下を導入。
http://h10025.www1.hp.com/ewfrf/wc/softwareCategory?os=4132&lc=ja&cc=jp&dlc=ja&sw_lang=&product=5239208#N218
※ソフトウェア・セキュリティ欄にある、HP SimplePass Identity Protection 2011 ソフトウェアを導入
これで問題なくWin8に対応できました♪

そして続きは、Androidの開発環境に影響が・・・。
これまた前のエントリー(http://ganchi.doorblog.jp/archives/4239403.html)でお伝えしたドライバがインストールできません。
ついでに言うと買ったばっかりのNexus7も認識せず・・・(汗
どうやらwindows8では、デフォルトで署名がないドライバがインストール出来ないようです。

次の方法でドライバ署名の強制を無効にすればインストール可能です。

1)チャームの[設定][PC設定の変更]から[全般]タブにある[今すぐ再起動する]を選択
2)[トラブルシューティング][詳細オプション][スタートアップの設定]の[再起動]ボタンをクリック
3)[スタートアップ設定画面が表示されるので]数字の[7]キーで[ドライバー署名の強制を無効にする]を選択

この設定を行ってから今まで通りにAndroidドライバをインストール

デバイスてんこ盛りなノートPC?ですが、これで問題なくWindows8での環境構築が行えました。
指紋認証もBluetoothもWiFiもすべて快調です!
Windows8は、起動も早くて快適ですし、慣れればスタートメニューも無くても問題ないですね。(^O^)/

Windows8 メトロアプリの作成

6月上旬にWindows Phone開発者限定のセミナーに出席させてもらいました。
http://blogs.msdn.com/b/aonishi/archive/2012/05/24/10309944.aspx
このセミナーは、Windows8のMetro Styleアプリの開発をWindpws Phone開発者目線から説明してくれた有り難いセミナーでした。

それで、この場で「ぜひアプリを作ってください」てな事を言われました。

もともと『GPS Logger-san!』は、作ってみたかったので問題なかったのですが、Application Excellence Labに出向いてチェックしてもらわねばいけなかったのです。
で、その期限が6月いっぱい。一ヶ月も無いんですけど。。。。(焦)

これを聞き『GPS Logger-san!』は、機能が豊富過ぎて無理!どうみても無理!
しかも各種センサーをいっぱい使っているので実機も無いと無理!(てかテストできない)
と頭のなかを駆け巡りました・・・
そして出した結論が、比較的作りやすい?『ガソリン給油メモ』をメトロ用に移植することにしました。


それから、、、、

今現在の状態がコレ!
win8_1

win8_2
WindowsPhone版に比べると機能がまだフル実装では無いですが、ある程度(基本機能)はできました。
一応、Application Excellence Labの予約した日程(月末)までに間に合う目処がたちました。
ほっと一安心。良かったです。(^^ゞ

そして作っていて思ったことを一つ二つ・・・

①大きいモニタは、開発しにくい!
当初は、開発で使っているデスクトップPC(24インチモニタ)で作っていたのですが、あまりにも大き過ぎてメトロに合わない気がしました。
マウスを動かす量(視線移動も含む)が多くて大変でした。タッチパネルであればまだ良かったと思いましたが・・・。
で、実機が無い場合は、自分は小さいモニタの方が開発しやすかったです。

②エミュレーター環境でも開発できた!
メインPCで作るのは諦めて、ノートPC(フルHDの15インチ)に変えました。
ただしメインで使っているPCなので製品前のWindows8 CR版は入れたくありません(汗)。
そこで、Windows7環境にVirtualBoxを導入してエミュレートして動作させました。
https://www.virtualbox.org/
OS実行もコンパイラ(VisualStudio2012のベータ版)も問題なく動作しました。MetroStyleのSimulator環境も問題なかったです。当分これでやって行けそう♪
オマケでWindowsPhoneの開発環境も入れて試しましたが動きました(凄)!
以下の様なエミュレート動作の感じです。
[Windows7] ⇒ [Windows8] ⇒ [Windows8 MetroStyle Simulator] or [Windows Phone Simulator]
(仮想環境内に+2つも違うOSが・・・{笑})

③Simulatorだとライブタイルのデバッグが出来ない!?
Visual Studio2012から実行できるSimulatorだと何故か!?ライブタイルの更新がうまくいきませんでした。
海外のサイトなどを漁って調べてもどこが悪いのか全然分からなく苦労しました(涙
結局!?「ローカルコンピュータ」で、実行すると無事思ったとおりの動作をしました。
win8_3

と言う事で、こちらはある程度目処が立ったので、これより GPS Logger-san! のバージョンアップに取り掛かります。出来ることからコツコツと・・・(^_^;)