前編のつづきです。。。
ここからは購入後すぐの初期設定になります。

PA140647
準備が出来たところで電源オン!(右上のボタンを長押し)

PA140652
しばらくすると Wear OS のロゴが出ます。
これがこのスマートウォッチの本領発揮する証明!
なんちゃってスマートウォッチと違いアプリもユーザーで自由に作れたりするのです。

PA140653
ここで画面をタップすると、、、

PA140654
言語設定です。もちろん日本語を選びます。(メニューの一番下にあります)

PA140655
よくある「プライバシーポリシー」の確認。米国Googleに対してなので躊躇せずONにします。

PA140656
スマホで「Wear OS by Google」アプリをダウンロードしてインストールしておきます。
※Android端末やiOS端末どちらでもOKです

PA140658
自分はAndroid派(この端末はASUS ZenFone 5)なのでそちらのアプリで設定します。

PA140661
ポチポチ質問に答えます。

PA140667
スマホの情報などがTicWatch Pro 3に転送などされます。

PA140681
これらスマホとの連携処理が終わると使えるようになりますが、しばらくすると・・・
TicWatchのシステムアップデートが起動します。
よって、最初は余計なことをせず待ちましょう!

PA140694
結構時間かかります。
スマホとの連携作業などを考えると、全体で1~2時間程度は余裕をみて開封しましょう。

PA140695
はい、最後の端末再起動!

PA250589
こんな感じで使えるようになります。

まだ、届いてから二週間程度しか経っていませんが、全てのセンサーをONにしておいてもバッテリーは3日は余裕で持ちます。(自分は忘れないように4日程度で充電していますが頑張れは5日は大丈夫かも?)
とにかくバッテリーの持ちと処理速度のパワーアップに感動しています。

PA140680
また、デュアルディスプレイの方で「秒」が出るようになったのが非常にうれしいです。
今までは、通常の画面をONにしないと「秒」が分からなかったのでこれは大進歩です。
更にこのデュアルディスプレイで画面を傾けると3秒程度バックライトがONになり夜でも認識可能となりました。(←カシオのG-SHOCK等でよくある制御です)

PA140698
運動モード?にするとデュアルディスプレイがこんな感じの表示になります。
メインディスプレイをONにしなくてもほぼ全部分かります。しかもこの表示だと圧倒的に省電力。使えます!

とまぁ、GPSは「みちびき」にも対応になったし、IP68 規格の防水防塵にも対応しているし、前機種のネガポイントが修正対応されていて、当分TicWatch Pro 3 GPSで良い感じです。
久しぶりに良い買い物をしました♪

と、書いてきましたが、更にもうちょっとイイ点があるので、気持ち追記します。
つづく・・・


【広告です】
・Yahoo!ショッピング 『TicWatch Yahoo!店』
スマートウォッチ TicWatch Pro 3