どうもです。

久しぶりにブログを書こうと思った本題は、こちらの件になります。

 

CAP20
Android
向けに公開しているOBD Info-san!アプリです。


s10
このアプリには、故障診断をする機能が付いています。

 ※ただし有償版のみになります。

 

で、、、今までに非常に多い問い合わせがOBD2仕様でない車で使用して故障診断が出来ない!って話。

すでに色んな所に掲載および告知していますが、本アプリの故障診断機能は、OBD2仕様の車でしか動作しません。OBD2仕様でない車は基本動作しないんです。←これ重要ですよ!
(※OBD2仕様の車両のみと書いてあるのに問い合わせあるのが不思議でならないッス…)

 

「たま~」にOBD2仕様以外の車でも診断できちゃう事があるみたいですが、それはこちらでも想定しないない動作になります。

ただし、この「たま~に」動作する車両があるので、OBD2仕様以外の接続でも許容してプログラムを作っちゃっています。

(ガチガチに制限を設けていないって事っす!)

日本車の独自プロトコルを自覚している人は、その点は『承知の上!』リスクを覚悟できる人のみ、故障診断機能を使ってみて下さい。(←当たり前ですが保証は一切できません)
 

それから何で故障診断機能が有償版のみなんだ!とみみっちい事言う方がいるみたいですが、診断機能の画面は質素でも、診断情報はOBD2仕様に基づき(&一部メーカーの独自コードも一部含んでいます)、すごい量のデータを組み込んでいます。

ErrorCode
こんな感じで、約600件ほどのDTCエラーコード情報が組み込まれています。

そんな感じで大変なんですよ。わかって頂けたら幸いです。(>_<)

 

 

あとこのブログサービスでHTTPS化が出来るようになりました。

近いうちにHTTPS対応します。

場合によっては、リンク切れ等が起きるかもしれませんが、こちらも温かく見守って頂けると嬉しいです。。。(;´∀`)

更にアプリにも新しい動きがあります。近いうちにブログで報告させて頂きます♪