イベントで授かって来たASUS ZenFone 2 Laserですが、当日は帰ってからの気力もなく翌日に開封しましたw

まずは、外箱から!
※ちなみに赤い色は写真で撮ると綺麗に出すのが難しいです。(ニコンのコンデジ使っています)
10
なんとカラー別にパッケージが違うようです。
自分は、レッドカラーですのでパッケージ箱もレッドです。( `ー´)ノ

20
箱横にも穴が開いておりアイコンが見えます。何気に凝っててオシャレ♪

12
ちなみに箱の封印シールには、ASUSマークが付いており剥がすとパッケージ箱側に印刷が残る仕様になっています。

30
なおASUS社は台湾の企業ですが、最近のこの手の機器では、おなじみの Made in china 製でございます。
※写真を拡大して、右下段をよ~く見てくださいw

31
①パッケージを開封するといきなり端末が見えま~す!
これももうどの端末もこんな感じですよね。(最近購入したmadosmaも同じ感じです)

32
②端末を取り出して、中蓋をめくると説明書等が現れました
 ・初めにお読みください
 ・アップデートについて
 ・製品保証書
 ・ユーザーマニュアル
印刷物は上記4点

44
③同梱物は・・・結構あります!
 ・USBケーブル
 ・充電器
 ・ヘッドフォン(ブラック)
 ・ヘッドフォンイヤーパッド(予備1セット付きの計2セット!)
最近の端末では珍しく充電器が同梱されていました。ビックリです。
ちなみにこの充電器、以前買ったWindowsタブレットのT100-TAに同梱されていたものと同じでした。(^^;)
あとヘッドフォンも付いているのが嬉しいですよね♪

では、本体を見てみましょう!

50
レッド~~~~~~!!!

綺麗な塗装です。自分好みですわぁ~。(#^.^#)
※カメラレンズの下にある細長いシルバー部分が、ボリュームUP/DOWNキーになります

55
上部に電源ボタンとヘッドフォンジャック(写真左)。
下部にUSBコネクタがあります。(写真右)
両サイドには、何もありませ~ん。(←誤押ししないんで何気に便利かも)

それでは、SDカード等を取り付けたいので裏蓋を取ります。
※開けるのに非常に難義しました。右下側面にあるくぼみに両手の爪を引っかけて開くと楽に開けられました

60
バッテリーも取り外し可能です。てか、バッテリーを外さないとSIMカードやSDカードも取り付けできません。
※説明書にも記載してあります

本機は2SIMスロットがあり、切り替えて使う事が出来ます。
しかも説明書等によると両方とも4GがOKの同仕様になっています。
これは、便利に使えるのではないでしょうか?(^^ゞ

70
あと、MicroSDは、SIM1スロットの上にスロットがある2階建て仕様です。
最初は、どうやって取り付けるのか不明でした・・・(汗)
※ちなみにmadosmaに付いて来た16GのSDカードを使わせてもらいましたw

それから比較です。

同じ5インチサイズ(解像度も一緒!)のmadosmaさんと比較してみました。
80
ほぼ同じサイズです。

ただしZenFone 2 Laserの方が厚みがあります。
90
でも背面がカーブ(湾曲)しており持った感じは手に馴染むので、全然問題ありません。

それよりも重量がちょっとあるかな?って感はあります。
 ・ASUS ZenFone 2 Laser 145g
 ・マウスコンピューター madosma 125g
20gの差は、結構感じるみたいです。
※5インチモデルで比較するとmadosmaが驚異的に軽いだけですがね。

とは言え、この重量差は、使ってみた感じ『機能差』で現れていると思われます。


と言う事で、次回につづく・・・


【追伸】
とりあえず、本日(8/8)の発売日にこのブログエントリーが間に合ってよかった!
開封の儀なんて発売日以降に掲載しても面白くないですからね…(;´Д`)