前回のエントリーで書いたAndroidのFull HD解像度(1080x1920)の件です。
あれから何人かの方に協力頂きやっとどうにかなったので、とりあえずメモとして残しておきます。(^_^;)

まず、現時点で提供されているAndroidの開発用ツールSDKの 22.0.1 だと思われるのですが、これだとどんな頑張って設定しても該当の解像度である xxhdpi には対応していないのが分かりました(涙)。
また前回記載したソニーから提供されているエミュレータも対応していません!(怒)

FullHD解像度だと xxhdpi から各種リソースが読み込まれるとどっかで記載があったと思うのですが、これらのエミュレータだと xhdpi から読み込まれます。

と言う事で、テスト用のアプリを作り各協力者さんに試しに実機で実行して頂いた所、 xxhdpi から本当に読み込まれました。

こんなもん分かるか~~~~!!!!!

って、ところで目隠し状態でレイアウト等のデータを作り、協力者さんに数度実行して頂きやっと対応できました。それとXperia Zはソフトキーボードなので、ハードキーを搭載するHTC J butterfly(HTL21)と比べて実画面は狭くなります。これも要注意でしょうかね。
あと、、、これら解像度の端末だとメモリが足らなくなるのか!?大きい画像データを用意して縮小させると、これらも正常に実行されない現象に見舞われました。。。(;´Д`)

そう言う事なので、実機をお持ちでない開発者の皆さんはお気を付けください。

色々とありましたが OBD2アプリ 対応できましたので、該当機種をお持ちの方も導入して頂き、ぜひ寄付!?をヨロシクお願いします♪


あ~~~疲れた