★つれづれ出張所♪

プログラム開発情報(主にWindowsPhone!)を発信していま~す。(*^_^*)

December 2016

久しぶりに車載関連(なのかな?)CANモジュールで通信ですよ!

この写真にあるモジュールってわかりますか?
IMG_20161222_150030
車両で主に使われているCAN通信を行えるモジュールです。
これを見つけた時に唖然としました。だって凄い安いんです(驚)!

日本でパーツ単位で調達しようとすると、とんでもない価格になってしまうのに中華パーツでの通販だと数百円・・・。(^_^;)
しかもすぐに使えるようにモジュール化(基板化)されていて物の価値が良く分からなくなってしまうブツですw

で、CAN通信ですが、普通であればCAN通信をサポートしているマイコン(*1)を使うのが普通なのですが、
このモジュールには、様々なマイコンでサポートされているSPI通信からCAN通信を制御できるチップ(MCP2515)が搭載されていて非常に応用範囲が広いと言いますか、汎用性のあるCANモジュールになっています。

ただし、、、ひとつだけの問題を除いて・・・!?

このCANモジュール安いので、使ってやろう!とお取り寄せして色々といじり倒していたのですが、、、Arduinoから制御すると問題なく動作するのです!
が、他のマイコン(STM32F103など)ボードからは、一切制御できませんでした。(>_<)

原因を探ると、今回のCANモジュールが5V専用みたいだったのです。
データシートを見るとMCP2515は、3Vも対応しているのですが、その周辺チップには5Vを供給してやらないとダメみたいで、今回のCANモジュールが5V専用品だったみたいです(汗)。

古い設計?のArduinoは、IO電圧が5Vなので問題なく動作しますが、他のマイコンはIO電圧が3Vが多いので盲点でした・・・。

とは言え、それぞれのチップに適切な電圧を入れてやれば良い訳でして、CANモジュールの回路を調べると非常に簡単に改修できるのが分かりました!
 ※IOレベル変換ICを通せは良いとも言われそうですが、それはそれで面倒ですし・・・今回は割愛しますw

では、3V IOマイコン機器で使う方法を以下に示します!
IMG_20161222_150044
①CANモジュール裏側のパターン(写真の赤線の部分)をカットします。
②カットしたパターン右側のライン部分を軽く削り、そこに配線を追加して5Vを入力します。
③通常PINのVCCには、3Vを入力します。

たったこれだけで、3V IOのマイコン機器から制御できます!(^^)/


これにより非常に安価にCAN通信が出来るようになります。
それこそ今流行りのRaspberry PIからでもCAN制御できる様になります。
 ※Raspberry PIのCAN通信(MCP2515)設定は、この方のサイトが参考になります
 http://qiita.com/mt08/items/535ab4690eecbcf5375d

これを使ってクルマの通信をのぞき見(*2)してみるのも楽しいですよ♪

なお、CANモジュールを改造せずに使えるArduinoを使った通信は、Arduino自身が遅いのであまりお勧めしません。(;´Д`)


【補足(*1)】
マイコンでは、主にUART, I2C, SPI通信がサポートされています。
CAN通信がサポートされているマイコンは少ないです。
マイクロチップ社製のdsPICシリーズの一部やSTマイクロエレクトロニクス社製のSTM32F1xxシリーズなどです。
更にそれだけではCAN通信は出来ません。CANレシーバーなる周辺チップ(MCP2551など)も必要になります。
ちなみに今回紹介したモジュールには、それらも含まれていてNXP社(最近QUALCOMM社に買収されました)のTJA1050が搭載されていました。

【補足(*2)】
最近の車両であれば、OBD2ポートのCAN High(Pin6), CAN Low(Pin14)端子からワイヤーを使って、CANモジュールのJ2 H, Lにそれぞれ2本を接続すればのぞき見出来まする!
ただし、K-LINE対応車両はCAN通信ではないので無理です。諦めてくださいw


  

クルマ運転専用シューズをGETだぜ♪

クルマを運転している時のシューズって気にしたことありますか?
まさか、厚底のシューズやサンダルなど履いていないですよね?(←履いてたら違反ですよ。教習所で習ったはずですw)
そんなシューズを履いていたらとっさの時に正しい操作ができません!

と言うことで、安全に拘るなら専用のシューズを履きましょう!(アクセルワークも分かり易くなりますよ)
ドライビングシューズ等という名称で売っています。

が、、、ほとんどは靴屋さんでは売っていなく通販でないと購入出来ないのが辛いところ・・・更に情報が少ない。(;´Д`)

と言う事で、ディテールが分かる様に写真多めで掲載しま~す♪


今回は、レーシングスーツ等で有名なOMPってイタリア・メーカーのKS-3って言うものをチョイスしました。
 ※AXON7を購入した時にGETしたポイントで、ドライビングシューズをGETです!
http://www.ompracing.com/en_gb/race-kart-mechanic-wear/shoes/ks-3-shoes-46764.html
0003
箱で~す
0000_

てか、本当は今まで履いていたプーマのレーシングシューズが古くなったので買い替えです・・・(汗
 ※プーマのレーシングシューズはコンシューマー向け販売から撤退した?のでもう買えません。残念!
0200
サイズは、同じ41サイズですが、OMPの方が気持ち大きく感じます。
 ※でもこれよりワンサイズ小さくすると多分きつくなると思われます。注意!(´・ω・`)


箱をオープンすると予備ひもが4色分も付属されてます!(ブラックを選ぶと付いてくるようです)0001
メーカーのホームページ↓には、3色分は出てたのですが、青色も付いてましたよ。(^^)/0100
あとはじっくり拡大でもしてみて下さ~い♪
0004
0005
0006
0007
0008
0010
0011
安っぽいですがw、シューズを入れる巾着袋もついてました。0012

以上です。


【補足】
今回購入したKS-3は、耐火認証を取ってない(だから安い?)のでレーシングカート用となっていますが、素材(スエード/メッシュ生地)としては、まんまレーシングシューズです。
本当は足首部を固定できる物が欲しかったのですが、リーズナブルなものは素材が硬いものになってくるので、今回のKS-3を選択した次第です。(^_^;)
 ※本物のレーシングシューズは、値段が今回購入したKS-3の3倍以上になりますw


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OMP KS-3 レーシングカート用シューズ (レーシングシューズ) IC813
価格:10886円(税込、送料別) (2016/12/7時点)