★つれづれ出張所♪

プログラム開発情報(主にWindowsPhone!)を発信していま~す。(*^_^*)

November 2016

aitendoの安売り3.2インチTFT-LCDモジュールは、厄介者!? でも使える♪

最近、Android端末のレビューばっかりやっているんで(汗)、もう少し開発らしい!?記事を書こうかと思います。。。(;´∀`)

秋葉原にある電子パーツを売るaitendoって知っていますか?
http://www.aitendo.com/
ふつうは有名どころの秋月電子などに行くと思うのですが、aitendoには秋月にないマニアックなパーツを売っているので寄っていきます。(場所は、秋葉というよりは、広末町の方なので遠いですが・・・)

で、最近大安売りしているのがこちらのTFT-LCD(LCD032-2P)モジュールです!
http://www.aitendo.com/product/13748
0001
 ※正式名称は、基板に印刷されている M032C1289TP かと思います

3.2インチで、タッチセンサおよびSDスロット付き。
通常¥2980+税で売っていましたが、在庫一掃セールで半額の50%オフで売っています。(お店だといくらでも買えますが、通販だと一人1つまでです)
これはイイ!っと思い飛びついて、色々と遊んでいました。

結構前から売っているのですが(なぜかすぐに商品が補充される。いつ無くなるんだ?w)、最初はフル結線してあるモジュールだったのですが、最近のは自分ではんだ付けしないと駄目なものに切り替わっています。

で、つい先日都内に出る用事が出来たので、追加購入してきました。
安く買えたのは良いのですが、ものの見事に配線は自分で、はんだしないとダメなやつでした。


根性で極細の配線をはんだしました。
0002
素人には辛いっす!

そんで操作確認をすると画像データ通信は問題なく動作するのですが、タッチデータの取得(SPI接続)がイマイチ変です。
 ※画像データ通信は、16bitモードにしてSTM32FxにあるFSMCと言う高速通信で行いました

テスターで調べてもきちんと配線されているし、、、

でももう一回、はんだし直すか?とやること数回・・・・

動作しました。どうもタッチ部分の配線は滅茶苦茶シビアみたいです。
これからチャレンジする人は、気をつけてください!


更に・・・

実は、このTFT-LCDモジュールですが、結構購入しています(爆)!
0003
写真は3つですが、、、全部で4つも買っています。(;´∀`)
 ※液晶には、簡単な保護フィルムが張られているので写真写り悪いですw

このモジュール電圧が非常~~~~にシビアである?と思われます。
aitendoのホームページにある商品説明には『動作電源:3~3.3V』と書いてあるのに3V位だと動作しない物があります!
しかも中途半端に動作したりするから厄介です。プログラムが間違っているのではないかと無駄な時間を過ごすことになります・・・(´・ω・`)

まぁ、動作しないのがあったから4つも増えてしまったと言うのがありますが・・・w

と言う事で、、、
 動作しないよぉ~!
 タッチが変だよぉ~
って方は、電圧及び配線にご注意ください。( `ー´)ノ

うまく行けば、、、
0005
こんな感じにきちんと高速で表示できま~す♪
 ※写真はSTM32F4DISCOVERYボード等を使って接続しています
 ※なお、値段相応の液晶です。バックライトにはムラがありますし視野角も狭いですw


PS.
実は同じような仕様のモジュール(ピン位置やLCDコントローターも今回のaitendoのとコンパチ)を安いので中華通販して手に入れたのですが、、、、そっちは全く動作しなく(涙)
0010
やけくそになって2つ目も購入してチャレンジもNG!
という事から、、、aitendoのTFT-LCDモジュールに行き着いた次第ですw
値段が50%オフになったので、中華通販とほぼ変わらない値段になったのでaitendoをお勧めします。



高音質Android端末!ZTE AXON7を購入していました・・・♪

まえにALCATEL IDOL3を購入したばっかりですが、先月末にZTEのAXON7端末(カラーはGLAYを選択)を購入しました。

DSCN4616

なぜ!?これを購入したのか、理由をずらずらと書いてみます。
 1)AndroidのモバイルVR規格である『Daydream』に対応するとアナウンスあり!
  ※googleの純正端末(Pixel)が日本で発売されていない今、唯一の対応端末かもしれない?
 2)同時に最新Android OSである『Android 7.0 Nougat』にアップデート対応予定
 3)現時点でほぼ最新の高速プロセッサ(SoC)であるSnapdragon820を搭載
 4)液晶画面の解像度が、2560x1440ドット(WQHD)に対応
 5)フロント・ステレオスピーカー&高級オーディオに使われている旭化成のチップを搭載

やっぱりVRのプログラムも試してみたいですし、アプリを作るのにWQHD解像度で確認しておきたい。
あとIDOL3を購入して確信したのですが、フロント・ステレオスピーカーが最低限必要な機能かと自分では思います。
やっぱり音が良い&ステレオスピーカーは偉大です。( `ー´)ノ
DSCN4619
拡大して見てください(笑)。箱の裏に燦然と輝くオーディオ関連のロゴマーク類!
 ・DOLBY ATMOS
 ・Hi-Res AUDIO

そして値段もSnapdragon820搭載の割に安い。割引入れれば、約5万円(弱!)で購入できます。
 ※性能が少し?(もっとか?)劣るasus ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)よりも実売で1万円も安いです

更にポチった最終的な決定打は、『ZTE安心保障サービス』と言うプラン。
https://www.ztesupport.jp/index.php
axon_bnr

なんと水没などの故障も2年間保証されると言う太っ腹なサービス。
本来であれば、月450円(税別)が必要なのですが、2017年6月末までならその月額金が不要!
 ※月額無償期間は、店頭で直接聞きました。また購入後30日まで有効なので申し込みはお早めに!
 ※あと端末交換の場合は、5000円(税別)が必要です。それでも凄い(安い)ですがね♪

キャリア機でも同じように別料金を払えば保証サービス等はありますが、SIMフリー端末で2年間も保証してくれるのは凄いです。しかも今なら月額が無料!

これは買うしかない!と思い、思わずポチってしまいました。(;´Д`)
 ※自分はポイント還元率が高い時にJOSHIN webのYahoo店でポチりしました


保証があるので、液晶保護フィルムは張りません!裸運用ですwww

でも、実際には保護シート(貼り付け済み)とケースが付属されていましたがね。(^_^;)


てな感じで、結構勢いで購入した端末「AXON7」ですが、ちょっと不満な点もありますが気に入っています。
その不満な点も含め、この端末の特徴を時間が合ったら次回ブログで記載してみようと思います。

PS.
購入前に不明だったのですが、通知LEDはココにあります。
DSCN4727
充電時は、赤色LEDで、満充電で緑色LEDが点灯。各種通知は、緑色LEDが点滅します!

PS2.
さっそくOBD2アプリも動作確認。無事起動~~~!
DSCN4748
変態!?WQHD解像度でもきちんと動作して良かった♪(ホッとした)
また、よ~く見ると付属の液晶保護シートと透明カバー(ラバーっぽい感じ)が付いているのが分かりますよ。
さらに写真は室内で撮ったのですが、それでもGPSバッチリ入ります!



Joshin web ヤフー店
ZTE SIMフリースマートフォン ZTE AXON7(クオーツグレー) AXON7/ QUARTZGRAY