★つれづれ出張所♪

プログラム開発情報(主にWindowsPhone!)を発信していま~す。(*^_^*)

Windows Phone SDK 7.1 RC リリースされました♪

page
以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=14700b35-30c3-47f3-9e67-7701a06fde00&displaylang=ja-nec

さっそくインストールしました。
その前に前回のβ版の開発環境をインストールしている人は全削除(アンインストール)しましょう。よ~く見て隅々までアンインストールしましょう。

日本語化されてさらに使いやすくなりました。

それにしてもAndroidの開発環境をインストールするのとえらい違い。
新開発PCに入れるだけでも一苦労でしたよ(涙

で、プログラムする側から見るとWindowsPhone7が流行ってほしいなぁ~♪

開発用PCの到着!

届きました。格安!?ハイスペック・ノートPC♪

HP Pavilion dv6-6100 くん
(予定通り5日営業日で届きました)

CIMG0836
HPの箱そのまま、届きました。
ブラックにレッドで妙にカッコいいです。(^_^;)


早速取り出してオープン!
実は、日本語キーボードの写真がオフィシャルになくてちょっと心配していました。
CIMG0828
一応無難な配置で一安心。

あとは、すでにAmazonで購入してあったメモリ4G(¥2140)を取り付けます。
CIMG0823
通常だったら標準の4Gで大丈夫だと思いますが、開発用なのでトータル8Gに奮発です!
まぁ、今の時代安いですしね。(^_^)v

ちなみにメモリーの取り付けちょっと怖かったです。(空け方は電子マニュアルに書いてあります)
メモリスロットのふたがネジではなく、はめてあるだけなので外す際に爪を折らないか冷や冷や出した。結局はクルマの内装はがしツールでちょっとづつ行いました。

※こう言うツールです
 ↓
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_data.php?id=12498

届いたHTC Mozartの中身

まずは、宛名の書いてある伝票ですが手書きでしたw
CIMG0773
すごいですね。手書きで即効で送ってくれたようです。

袋を開けると本体の入っている箱と日本用の変換プラグが付属されていました。
(ありがたいです!)
CIMG0778


ちなみにPSPとの大きさ比較。けっこう小さい箱です。
CIMG0799


マニュアル一式。当たり前ですが日本語は見当たりませんw
とりあえず読んでおきましょう。どうにかなります。
CIMG0789


そして箱の中身は、USBケーブルや充電用のAC関連が入っています。
CIMG0791


つなげるとこんな感じ。(^_^;)
CIMG0803


そしてWindows7のPCにUSBケーブルで取り付けるとZuneというソフトウェアのインストールが自動ではじまって、さらに本体のアップデートも行われました。
CIMG0810
2度ほど、再起動を行いながらどんどんバージョンアップしていきました。
※けっこう時間かかりますので、しばらく放置しておきましょう。

そして現時点で最新のNoDoというバージョン(7.0.7392.0)になりました♪

届いた HTC Mozart 端末♪

そんなこんなでポチったHTC Mozart端末。

8/8の夜にポチってからすぐに梱包発送されて、8/13の昼には埼玉に届きました。
EMSの追跡画面をどうぞ
1EMS追跡


しかしすぐに成田に着いたは良いけど、税関処理に時間かかりすぎ!
はやく仕事してくさいデス

ちなみにショップは、アメリカだったのに発送元は香港?
なんででしょう?(^_^;)

で、関税¥800取られました。。。
CIMG0771

ぽちった Windows Phone 7端末

ムフフ!実は、Windows Phone 7に興味があります。
そしてこの超円高のうちに輸入することにしました。

ブツは、HTC Mozartというやつ。
43_pd2122295_1


WP7関連のサイトでは、有名なところで8/8に購入しました。
http://www.1shopmobile.com/

本体$289+送料$25です。

googleの決算を通しての支払いになります。実際にカードから支払われたのは次のとおり。
1VISAレート


計¥24、829 = $314でした。(^^♪