★つれづれ出張所♪

プログラム開発情報(主にWindowsPhone!)を発信していま~す。(*^_^*)

GIGABYTEマザーのサスペンド点滅しない件の対策だよ!

夏ころにPCを自作して1台新調していました。

まえにGIGABYTE製のGTX1080搭載グラフィックカードを購入して使っていた感じから結構イイじゃん!と思い、新調したPCにはGIGABYTEマザーH370 HD3を調達してサブマシーンとして使っておりました。(ものすごい久しぶりにGIGABYTE製のマザーを購入しました。486系PC以来かもしれませんw)

 

で、、、特に問題もなく使えてはいたのですが、1点だけ不満点がありました。

それは、サスペンドすると電源ランプが消灯してしまう問題!

 

その他に持っているPC(HP, ASUS, ASRock, MSI)ですとサスペンドすると電源ランプが点滅してサスペンド中であることが分かるのですが、こいつは分かりません。

 

設定の問題か?と調べたりすると、どうやらGIGABYTEマザーだけは伝統的?に点滅しないみたいです。

マジかよ!って感じです。(;´Д`)

 

んで、電源ランプ以外は特に問題なかったのでサブから開発用のメインへ昇格させたのですが、日常的にサスペンドを使っている身からするとメインマシーンでこの状況は辛くなってきました。

 

さてどうしたもんか?と無い知恵を絞ってひらめいたのが、サスペンド中でもUSBからの電源が供給されている。電源を切る(シャットダウン)とUSBの電源は落ちる。

って、事は、USBになにかデバイスを付けるLED点滅ユニットを作ればイケるんじゃね?って思いつきました。

 

ただのLED点滅だけのブツなので、とにかく安く仕上げるのに調べました。

stm32
STM32
F103を積んだこのモジュールだと数百円で買えます。しかもUSBモジュールとしても動作するみたい。早速入手!

STM32系の開発は多少慣れているのでさくーっとファームウェアを作ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょっと前からなのですが、STM32の開発環境が無償で使えるようになりました。

https://atollic.com/

ユーザー登録のみでSTM32の統合環境(日本語も対応しているよ)が揃えられます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

で、、、これだけだとWIndowsがサスペンドしたのか?シャットダウンしたのか?がデバイス側で分からないので、デバイスへ通知する常駐ソフト(ドライバー?)も開発。

 

あと例によって3Dプリンターでケースも作成!

 DSCN7732a

出来ました♪

ちょっと粗削りなところがありますが、目的が達成されたので満足です!(;´∀`)

STM32のPWM機能を使ってじゅわ~っとLEDを点滅させているので自己満に浸っていますw

 

一式おいておきますネ。以下のセットがZIP圧縮して入っています♪

 ①STM32のファーム

 ②Windows10用の常駐ソフト

 ③ケースの3Dモデルデータ

https://yahoo.jp/box/09udvy

 

DSCN7733a
STM32F103C8T6モジュールの「
A3ピン」に砲弾型LED(5V 5mm)のアノード(+)、「GNDピン」にLEDのカソード(ー)を繋げて下さい。

必要に応じて抵抗も必要です。自分は面倒なので秋月電子の抵抗付きLEDを使っています。

http://akizukidenshi.com/catalog/c/cregled/

 

 

【①STM32のファーム】

STM32F103のファームを書き込むには、ST-LINK V2(書き込み装置)とSTM32 ST-LINK Utility(Win用ソフト)が必要です。

 

書き込み装置は、パチモンが安く売っているようです。特に問題なく使えるらしい?です。

自分はパチモンが出る前にクソ高い純正品を買っていたので、そちらを使いました。(^_^;)

 

ソフトは、以下からダウンロードできます。ユーザー登録が必要です。

https://www.st.com/ja/development-tools/stsw-link004.html

 

接続はこんな感じにします。

DSCN7734a
DSCN7735a
また、自分の場合は認識させるのにUSBからの電源供給も同時に行いリセットボタンを押さないとダメでした。

キャプチャ
モジュールのリセットボタンを押した直後(素早く)にST-LINKUtilityの
[Connect]ボタンを押します。(※↑この画像では、表示設定を8bitに変更してあります)

キャプチャ2
認識されたらあとはゆっくりとメニューから
[Target][Program &Verify...]を選んでファーム"Stm32F103_LedUnit.hex"を書き込み(Download / Start)ます。

 

USB機器として認識させるWindows用のドライバー(STM32 Virtual COM PortDriver)は、次の場所からダウンロードできます。

https://www.st.com/ja/development-tools/stsw-stm32102.html

 

 

【②Windows10の常駐ソフト】

どこでも良いので任意の場所にSleepLedDriver.exeを保存します。

初回のみPC起動時に自動実行させるためのレジストリを書き換えるので「右クリック」して『管理者として実行』で起動します。

タスクトレイに出ますので、右クリックして「SETTING」を選びます。
cap01

AUTO RUNの項目にある[Enable]ボタンを押すと自動実行のレジストリを書き換えます。

 ※[Disable]を押すとレジストリを削除します。アンインストール時に押してください

 

なんと見ての通り、LEDの発光パターンを3種類も切り替え出来ます!

大した違いはありませんが・・・(笑)

 

内部的には、30秒間隔でLEDデバイスに状態を通知するプログラムになっています。

Windowsのメイン処理に負荷をかけない作りにしています。
あとついでにBIOSのErP項目も変更しておいてください。シャットダウンしてもUSBに常に電機が入りっパになるとLEDが点滅しちゃいますので・・・w

 

 

【③ケースの3Dモデルデータ】

おなじみのFusion360で作っています。ケースの上(ふた)と下(本体)の2つのパーツに分かれています。

 ※ふたを止めるネジだけは、ホームセンター等でM3サイズのを確保してください


LEDの穴は、ギリギリのサイズにしてあります。LEDが入らない場合は、中くらいの+ドライバー(大体のものは
5mmサイズなはず!?)を差し込んで「くりくり」して、調整しながら穴を大きくしてください。

3Dプリンターを持っている人は、そのまま印刷を・・・。

持っていない人は、Win10Paint 3Dアプリからオンラインで注文ができるみたいです。

ただし見積りでクソ高いです。見積金額『ふた\1639+『本体\1923』と出ています・・・。

こんなのだれが頼むのでしょうか!?(;´Д`)

cap3d

ここからは余談ですが、3Dプリンターって、なんでも簡単に出来る!って思う人が多いですが実際には結構シビアです。小さいですが今回のケースを全部プリントアウトするにも3時間ほどかかります。

また、先のケース画像をよく見てもらえば分かると思うのですが、バリや平面が波打っていたりします。

これをきちんと3Dプリント出来る装置は民生用ではありません。

自分は妥協してそのまま使用しちゃいますが、本当に綺麗にしたい場合など最終的にはパテを盛って削ったり塗装し直すなどの手作業が存在します。大元となる3Dデーターを作るのも大変ですしね。

なんでも簡単に出来ちゃうと思われる3Dプリントですが、結構、手間暇(経験も!)が掛かります。

何で報道とかはきちんとしてくれないのでしょうか?ちょっと調べれば分かる事なのに…技術立国日本と叫んでいる割には実情は情けないですw

 

以上です。

GIGABYTEマザーでサスペンドしても電源ランプが点滅しなくて寂しい人は、試してみる価値があるかも!?自分は大満足です!!!(;´∀`)

 

【補足1】

多少のラグが存在します。マザー本体の機能ではないのであくまでも疑似的?なサスペンド点滅処理になっています。この点を理解の上、使ってみたい方はトライしてみてください。

 

【補足2】

個人の作成なのでUSB IDSTMicro社製の開発用IDのままとなっています。

これで特に問題ないとは思いますが、ほかに同じ様な作りのUSB機器があった場合、USB IDが重複して使えなくなる可能性があります。

これの対策には、高いお金を払ってUSB機器の認証等を行わないといけないので、個人ではとても無理です。ハイ!


  

マイクロソフト製のBTキーボードはどうやっても復活できないであります

どうもです。マイクロソフト製のBluetoothキーボードについてです。

P_20181124_183053
正式名称は『Universal MobileKeyboard』と言います。マルチOS対応のワイヤレスキーボードです。

 ※発売当時のPC WATCHの記事です

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/688762.html

 

数年前に入手して、まれに使用しておりました。

ところが最近内蔵の「リチウムイオンバッテリ」が経たって来たのか?過放電か?、充電しても使えなくなってしまいました。USBケーブルを使用すれば使えるのですが、せっかくのワイヤレス接続が出来ません。

 

とっくに保証も切れているし仕方がないので、分解してバッテリー交換でも試みようかと思いつきました。まずは、同じように修理した人が居ないか?さっとネット上を検索します。

 

が、、、まったく検索されません。

ワールドワイドな製品なのに海外でもヒットしません。

 

まぁ、仕方がないか?と思い分解してみます。

 

ところが、ネジなども全く存在しません。

このまま置いておいてもゴミなので壊すの上等!で、無理やり隙間を作って筐体を外してみました。

 

なんて事でしょう!

P_20181124_182124b
完全はめ殺しの、修理などまったく考慮されていない作りでした(汗。
 ※ざっと赤丸で印を付けてみました。書いてませんが両サイドにもありますw

 

かなりのポイントで、はめ込むような小さなピン?で固定されています。

 

そしてどうやっても肝心なバッテリー部分まで到達できませんでした。

(たぶん色んな部分を接着してるんじゃないかな?)

 

結論。

修復無理です!

 

どおりで分解、修理記事がネット上に無いのが分かった次第です。

自分と同じようにお困りの方、、、あきらめましょう・・・

てか、設計上の欠陥品じゃなかろうか?コイツ!(´Д`)

 

と言う事で、諦めを即すブログをここに記載しておきますw

最近天災ばかりですので、ちょっとだけ停電時の提案をしてみたいと思っとります。

自分も3・11の時に悲惨な目にあっています。(計画停電地域で対象外の都内の人を恨んだものです…w)
その時の経験などもあり停電の時に、スマホなどの充電に対応できる技?をブログに記しておきます。

やっぱり電気って重要じゃないですか?
停電にあったら充電してたものがあっちゅう間に無くなっちゃいますよね。特にスマホ!

そこで一番単純な方法が、ソーラーを使って充電する方法です。
ここでは一番安くて簡単な方法をお教えします。

まえにもソーラーに関するのブログを書いたと思うのですが、その時よりも時代が進み価格も安く導入できます。
必要なもの・・・
 1)放充電コントローラー(USB機能付き)
 2)ソーラーパネル(単結晶タイプ)

いずれも12V対応のを選びます。


まず、amazon.co.jpで軽く検索すると・・・

状態を示す液晶付きので¥2000程度です。USBポートも2つあります。
 

あと一番肝心なソーラーパネル。(50W発電タイプ以上をお勧めします)
 ※おける場所の広さを確認して購入しましょう
こちらは、amazon.co.jpよりも楽天市場やヤフーショッピングの方がなぜか安いです。
50Wタイプですと、ケーブルと送料込みで1万円程度です。
 ↓のリンクは楽天市場で売っているもの

ソーラー用のケーブル(コネクター付き)がセットでついてきた場合は『放充電コントローラー』に直接繋げないので、コネクター部をちょん切って直結しちゃうか、以下のような変換ケーブル(これも平たく言えば直結ですが…)も用意します。
 ※ちょっと高いので切っちゃうのが良いかも!?



では、繋いでみましょう。

ソーラーパネルから出ているケーブルを『放充電コントローラー』のソーラー端子(アイコンマークで確認)の『+』『-』を間違わないように繋げます。
 ※赤黒ケーブルの場合、赤「+」、黒「-」になります
SL1000_

たったコレだけです!
 ※方充電コントローラーの設定は特に変える必要はありません

あとは日中に野外(ベランダとか…)へソーラーパネルを置けばOKです。
 ※意外と知られていないかと思いますが、たとえ曇りや雨でも昼間であれば発電します!
 ※特にパネルが大きいほど発電します(よって50W以上がオススメなんです)

これで『放充電コントローラー』が起動しているはずです。
あとは、USB端子にスマホの充電ケーブルを繋げれば充電出来ます。

たった1万数千円で、自家発電が可能になります。

ちなみに12Vのバッテリーを『方充電コントローラー』に繋げれば、その容量分蓄えられるので日が落ちてからも使えられます。
なお、バッテリーは消耗品なので、車のバッテリーを早めに交換して、そのお古を使うなどして節約できます。(←自分はそうしていますw)
 ※この単純なUSBでの充電を基本として、もっと上のシステムを組むとそれなりの知識?とお金も必要になり泥沼にハマるのでお勧めしません(笑)


この簡単システムを非常袋などと一緒に用意しておくのが良いと思いますし、家にいる週末の普段の充電(スマホなどへのね♪)も使ってみてはいかがでしょうか?
たったコレだけで、災害時に充電できると言う安心が得られます。


また、懐中電灯もUSB充電式(2個セット)のものが大変安く購入出来ます。
P_20180724_143838_1_vHDR_Auto
 ※本当は、この懐中電灯を購入して高性能にびっくりして(凄い明るい)、この記事をソーラーを絡めて書いた次第なんですけどね。(;´∀`)

18650規格のリチウムバッテリーも別売ではなく2個分もちゃんと付いて、ケースやUSBケーブルのフルセットでこの価格は脅威的です。
P_20180724_143311_vHDR_Auto
中国の大量生産の凄さでしょうか?(ひと昔前の日本も海外からそう思われていたんでしょうな…)


と言う事で、自然を破壊してメガソーラーを設置して大規模に発電して売電するのは、自分も「ちょっと違うだろ?」と思いますが、個人レベルの小規模なソーラー発電であればもの凄く有意義だと個人的には思います。

このブログを読んで災害(特に停電)時について、考える機会になって頂ければ幸いです。

【宣伝!上記したUSB充電で使える懐中電灯です】

今後のアプリ開発などのおはなし・・・など。。。

むむむ。。。久しぶりの更新です。

今回は、ちょっと重いおはなしです。(;´Д`)

■Windows Phone向けアプリです。
こちらが開発したスマホ向けアプリは、ほどんどがWindowsPhone向けです。
最新?のWindows 10 Mobile向け専用には開発していません。
 ※はっきり言ってwin 10 mobileって駄作じゃね?WP8の出来が良すぎたよ!(;´Д`)
そして、マイクロソフトでのサポートもほぼ終了していく段階にあります。
WindowsPhone向けのダウンロードもほぼ終了すると言う話ですし・・・。

と言う事で、こちらもサポートを終了させて頂こうと思っています。m(_ _)m

そもそも今まで開発機に使っていたmadosmaが使えなくなってしまいました。
DlsczreUwAA4Kqr
 ※バッテリーが膨らんでアウトです!もう新しく購入する気にもなれません・・・

それにしてもWindowsPhoneのLumia機(WP8.xの時)が発売されたころはすごかったです。
今だから言えますが、OBD2アプリがAndroid版とは比較にならない位に凄まじくダウンロード(売れた!)されて自分でもびっくりしました。
ただしマイクロソフトがLumiaから撤退と言われた時からガタン!と落ちました。
きちんと良いものを開発すれば世界相手にやっていける!と思っていた時期でしたので、これはショックでした。

あと今まで一切言わなかったですが、本国のマイクロソフトからYOUをサポートする!と連絡が来たのも良い思い出。(^_^;)
日本のマイクロソフトの方からも本国からサポートしろ!と連絡が入っていた様で直接問い合わせが来たのもビックリしたのでした。(いやぁ~、この頃は楽しかったですぅ~♪)

でもねぇ~、一般開発者をサポートしてもWindowsPhoneが普及していたとは思えず!?
やっぱり大手を相手に金銭サポートしないと。。。(そんな話は一切聞いたことなかったし・・・)

と言う事で、思い出話はここら辺でおしまい。

そしてWindowsPhoneアプリからは撤退(放置)します。ハイ♪
今からダウンロードしてxxxを直してとか要望頂いてもNGです。そもそも開発機がもうありません。

でも、気が向いたら既存のWindowsストア向けアプリは作ろうと思っています。
ただしアプリは新規に作ると思いますので、既存アプリでの引継ぎなどはしないつもりです。
ご了承ください。&ごめんなさい。


■Android向けアプリについて
問い合わせとかで、OBD2のアプリは開発続いていますか?と良く頂いております。
見捨てていません。忙しかったんです。忙しいんです。。。(´Д`)

とは言え、今現在なんと!新たなOBD2アプリを開発中です。これはちょっと特殊用途向けなので今までダウンロードして頂いた方向けではありません。(たぶん、きっと・・・)
P_20180909_150250
 ※↑開発中アプリをチラ見せだよ。(;・∀・)

ただし、上記開発中アプリの副産物!?として、ELM327デバイスとの接続ロジックを大幅に改良、バージョンアップする事により大変使いやすくなっています。(通信プロトコルの追加はありません。誤解無き様に・・・)

これを組み込んでOBD Info-san!の新バージョンに取り入れようと思っています。

ただし、もう古い端末には対応しません。
はっきり言って開発量(コーディング工数が増える)やチェックする工程が増えて大変です。
個人でやるレベルじゃなくなってしまいます。

よって面倒なので絶対にAndroid 5.x 以降~にします。
 ※場合によっては、6.x や 7.x 以降にしちゃう可能性もあり!?
その点はご了承ください。

てか最新端末も最近は安いので確保しておいてください。お願いです♪

とは言え、既存のバージョンアップだともうチャリンされず資金的にきつくなり、どうしても開発の優先順位が下がるので、、、今まで通り『気長に!(春ころまで?)』お待ち頂ければと思います。


で、、、簡単なアンケートです。(2018末までの予定)
Android Autoなど、どうするか?悩んでいますので暇な方はお答えください。
アンケートフォーム ※←Googleフォームにリンクしてます
特にプレゼント等はありませんがヨロシクです。
 ↑
アンケートは終了しました。m(_ _)m

カーナビ付け替えでバックカメラの変換ユニットをワンオフ作成(後編)

前回からのつづき・・・

 

基板が届いたので早速組み立てますが、そのまま絶縁テープでぐるぐる巻きにしても良いのですが(笑)、簡単なケースを作ります。最近やっとFusion360と言う3Dツールの使い方を覚えたのでそれで作ります。

 ※それまでは、DesignSparkを使っていたのですが、Fusion360の書籍プレゼントに当選したので乗り換えましたw

 

はい!データの完成です。

Fusion01

Fusion02

 

これを、、、流行り!?の3Dプリンターで印刷します。

 

WANHAO i3 PLUSと言うブツです。中華製です。
(市販3Dプリンターはほぼ中国産になってしまいましたね。。。)

IMG_210202
だいぶ前に安売りしていたのを購入して持っていたのですが、忙しさに負けて箱に入れたまま結構な時間が経ちましたが、やっと出番です。初期不良でなくてヨカッタ!
(;´∀`)

 

お試しでRCA端子のキャップを作ってみました。

IMG_20171223_210700
良い感じです。

 

そして問題なく試運転が完了したので本番のケース作りです。

簡単なケースですが、これでも全部プリントするのに4~5時間ほどかかります。

 

で、、、印刷中に焦りました!

とある部分を宙空に設計していたんです。

 

こんなのどうなるんだ?と思ったら3Dプリンターさんは、こちらの想像を超えてプリントし続けるじゃないですか!

DSCN6350
そんできちんと製造出来ちゃいました♪


すごい! てか、どうなっているの?(笑)

 

と言う事で、ちょっと寸法が微妙なところもありましたが、再度調整してプリントするのも時間がかかり過ぎて面倒なのでそのまま使います。(;´Д`)
IMG_20171225_180028
KiCadで作成した基板など必要なパーツをぶっ込んで完成です。

 


 

※で、、、すみません!

※ここから写真全然撮ってませんでした・・・せっかく綺麗に車両に組み込んだのに・・・




ナビも取り付け、カメラも予想通り無事映りました♪

 

 

 

、、、、、、、、、、、、

 

 

ここで専用カメラの専用カメラたる由縁が分かりました。
 ↓
よ~く見て下さい!

IMG_20171231_131955
超~~~広角のカメラだったのです(汗

 

これじゃ画質も悪くなるわけだ。多分ナビで画像をキャプチャーしてから平面補正しています。

色んな表示モードがあって凄いなとは思っていたんですよ。当時は・・・。

でも、カメラの性能が追い付かなかったんでしょうな・・・。低解像度のカメラで画像を引き延ばしたら汚くなりますよ。なんでこんな面倒な事やろうと思ったんだろ?当時のパイオニア・・・w

 

と言う事で、紆余曲折あったバックカメラ変換ユニットのワンオフ作成でした。

 

変換基板は10枚ほど余っていますので(笑)、欲しい人は実費(送料)でお分けします。連絡ください。

いないと思うけど・・・(;´Д`)


【宣伝】
うちはいつもこのフィラメントで印刷しています。イイ感じです。
また、使ったDCDCダウンモジュールもリンクしておきます。