★つれづれ出張所♪

プログラム開発情報(主にWindowsPhone!)を発信していま~す。(*^_^*)

TicWatch Proなるものを買いました。大変便利で楽しいです♪

結構前からスマートウォッチは気にしてはいたのですが、最近カシオから新型のWSD-F30が発売になり、俄然興味が湧き出してきました。(;´∀`)

電池の消耗を抑える2層構造の液晶など日本らしい製品に仕上がっています。
0001
(この写真↑はCASIOさんのホームページより)

が、、、本体スペックが良く分からない。
搭載CPUも秘密(非公表)だし、、、開発もしてみたい自分からするとちょっと残念な点も!?
あとちょっとお値段も高め・・・。

で、、、久しぶりにその他の製品を検索してみると、同じような構成のスマートウォッチが存在していました。
Mobvoi社製の『TicWatch Pro』なるものです。
調べてみると中国の会社らしいです。Googleも出資しているみたいで良い感じの会社みたい。
 (日本法人?Mobvoi Japanもあるみたい)

で、その製品 TicWatch Pro ですが、カシオのと同じく2重構造の液晶です!
0010
(この写真↑はMobvoiさんのホームページより)

まさかカシオと同じ2重構造の液晶を搭載した製品が出ているとは思いませんでした。てっきりカシオの特許とかかと思っていました・・・(^_^;

表層はモノクロFSTN液晶で、その次の層にOLED(有機液晶)方式のディスプレイが採用されています。方式はカシオと同じです。
 【カシオ F30】: 1.20インチ 2層構造 カラー有機EL(390×390 ピクセル)+モノクロ液晶 
 【TicWatch Pro】:1.39インチ 2層構造 カラーOLED液晶(400×400 ピクセル)+モノクロ液晶

メインのカラー液晶部もカシオのより解像度も高く(ピクセル数多い)良い感じ!に仕上がっています。ほぼ互角!?てかそれ以上!(;´∀`)
防水もIP68で一応あるし、その他スペックも似たような感じです。(NFCも搭載している TicWatch Pro の方が上かもしれない・・・)
肝心なバッテリー持続時間もカシオのと変わらずスマートモードで2日間。同じようなモノクロ液晶のモードで30日ほどと同じようなスペックです。

それでいて、値段がカシオWSD-F30の半額以下・・・(;´Д`)

で、、、もんもんとしている1月下旬にAmazon.co.jp のタイムセールに出たので勢いでポチりました!!!
 ※販売はオフィシャルホームページからの直販とAmazon.co.jpのみみたいです
 ※高頻度でタイムセールやっているみたいです!要チェックです♪


すでに発売して半年ほど経ったので、新しみに欠けるかもしれませんが開封の儀です。

■外箱をスライドさせます
0100

■蓋をあけると本体出現!
0200

■本体を取り出します
0300

■USB充電用のクレードルと取説が入っています
0400

■サイズ比較
0500

ふだん主に着用していたカシオ(GS-1000J-1AJF)との比較です。
TicWatchの方がひと回りデカいです。そのぶん文字盤が大きくて見やすいですが…w

そんで取説(日本語説明あり)には、最初に電源を入れる旨が書いてあるのですが、バッテリー不足?で起動しませんでした。付属のクレードルを使って充電します。

0600
この状態でじ~っと我慢です。
なお、80分程度で満充電みたいです。普段使っている時には1時間ちょっとで充電完了するイメージです。

充電後は、端末のチュートリアルが動作してスマホとの連携設定などを、あっと言う間(10分程度)に行いました。
その後、しばらく放置していたらWear OSのバージョンアップも行われていました。
(2月から配信されている最新のWear OS 2.3が適用されました)

と、こんな感じで勢いで購入した TicWatch Pro ですが、大変満足しています。
Wear OS自体、標準のアプリが微妙だったりして、まだ荒削り?な所も見受けられますが、スマホの電話着信(LINE含む)や各種通知、音楽プレイヤーの制御など本当にいろんな事が出来ます。
0700
 ※この↑写真はスマホの音楽プレイヤーと連携してジャケットもうっすらと表示されています

スマホがカバンの中にあっても通知が見れる(腕のバイブレーションで分かる)のは便利です。
Bluetoothヘッドホンしてても音楽を手元で操作できる(見れる)のも便利です。腕に向かって「OK! Google」するのも未来的です(笑)。文字盤を変更するのも楽しい♪です。

唯一の残念ポイントは、本体がデカいこと。
 (特に自分は腕が細いので余計に感じるかもしれませんが・・・)
でも、それを感じる前よりも便利さが上回ります。
すでに自分は常用しています。


最後に開発者目線でみると、Androidの開発ができる人ならば、気軽にWear OS向けアプリ開発ができるのが分かりました。端末入手から2週間ほどですが開発できています。
カレンダーアプリが良いのが自分は見つけられなかったので、お試しに自分で作ってみました。TicWatch Proの高解像度を生かした感じのカレンダーが無かった?ので、画面いっぱいまで表示するヤツです(笑)。
0800
 ※↑Android Studio を使ってのエミュレーターの画面です。
もうちょっとプログラムを最適化出来たらPlayストアにでも公開してみます。
需要があるかわかりませんが・・・(;´Д`)

PS.
あと開発資料を見ていたらスマホと組み合わせないとダメみたいだけど、OBD2ドングル(謎の最新BT4版?ウヒヒ!)と組み合わせ出来そう!?
もしかすると、腕にクルマのメーターが再現できるかも!?(意味あるかは知らんけど・・・w)




QNAPサーバーでGit管理【後編】

前編からの続きです・・・

■TortoiseGitからテストアクセスしてみる
ここからは、どちらかと言うと、TortoiseGitの使い方のような気もするが・・・(^_^;)

①Windows側に適当なフォルダーを作成する。
※ここに先ほどQNAPで作ったtestリポジトリをクローンする事とする。

②先ほど作成した適当なフォルダーで右クリックを押して「Gitクローン(複製)」を選択する。
キャプチャ6

③URLにQNAPに作成したリポジトリのアドレスを設定(例:¥¥QNAP¥git¥test)する。
ディレクトリ欄には、適当なフォルダーが自動で入っているはず。
キャプチャ78

④クローンが完了する。
キャプチャ7
QNAPで生成した test フォルダ内に .git フォルダが作成されているはず。
キャプチャ8

⑤テスト用ファイルを作成してコミットする
適当にテキストファイル(例:file.txt)でも作成する。
このファイルを右クリックしてメニュー「TortoiseGit」から「追加」する。
キャプチャ9
「コミット」ボタンを押す。
キャプチャ10
メッセージ欄に何か書き込むと「コミット」ボタンが押せるようになるのでここで押す。
キャプチャ11
コミットが完了(成功)するので閉じる。
キャプチャ12
これでPC内の .git に file.txt の内容が反映される。

⑥次はQNAPに反映させる。
先ほどと同じように今度はフォルダ内を右クリックして「プッシュ」メニューを選択すると次のダイアログが表示される。
キャプチャ13
これでOKボタンを押すとQNAPに反映(成功)されるので閉じる。
キャプチャ14


⑦最終確認を行う
Windows内に出来上がった test フォルダーを削除する。
再びQNAPからクローンを行うと先ほど作成した(QNAPのgitに送り込んだ) file.txt がダウンロードされる。


これでQNAPにGitの環境が構築できた。(^^)/


でも、まぁ~よくよく考えたら、こんな事やらんでもフォルダの共有だけQNAPで行って、あとはTortoiseGit使えば出来たんじゃね?疑惑がありますが・・・(汗)
 ※自動バックアップをQNAPで構築するんであれば今回のTIPは有用かな!?(;´Д`)

おしまい!


QNAPサーバーでGit管理【前編】

年明けにお安くHDDを購入したので、前に紹介?したQNAP TS-121のHDD交換をしました。
当時安かったWD製の2TBのものから今回はSeagate製3TBへ容量アップです。今回はサーバー用?のIronWolfです。サーバー用途かつ3TBでも安かったので、容量多いのを購入しましたが、今までもそんなに埋まっていなかったのであまり意味がありませんですがね・・・(^_^;)

P_20190112

と言うことで、前回の失敗を受けてさくーっとHDDの移行を済ませ、容量アップついでに開発したプログラムのコード管理ツールもQNAPに導入することにしてみました。今までも旧QNAP(TS-109Pro)でSubversionで行っていましたが、昨今の流行!?であるGitを導入することにしました。てかGitHubがプライベートリポジトリが無料になると発表があったのもありますがね♪

検索すると昔は、QNAP標準でインストール出来たみたいですが、現在は出来ないみたいです。
今は直接Entware-ngのページからqpkgを持って来てQNAPへインストールします。

まず、下記のページから『Entware-ng_0.97.qpkg』をダウンロードします。
https://github.com/Entware/Entware-ng/wiki/Install-on-QNAP-NAS
『Download this package, 』と言う文章中にダウンロードリンクがあります。
なお、なぜかchromeブラウザーでないと正しくダウンロードできませんでした。注意!


■AppCenterから手動でインストールを行います
先ほどダウンロードした .qpkg ファイルを手動でインストールします。
キャプチャ1
しばらく待つと.qpkgのインストールが完了します。


■TeraTermなどのSSHクライアントからQNAPへログインします
コマンド「ll /opt」を入力すると次のようなリンクが張られて.qpkgのインストールが成功しているのが分かります。
キャプチャ2
あとは次の順番で、コマンドを入力していきます。
①フォルダーを移動
 cd /opt/bin
②辞書をアップデートする
 ./opkg update
③念のため取得した辞書を確認
 ./opkg list-installed
※次のように色んなもののバージョンが確認できる。今回インストールするgitのバージョンは、2.15.1-1みたい。
キャプチャ3
④gitをインストールする
 ./opkg install git
⑤インストール直後だとPATHが通ってないので、ここでターミナルを一旦終了(ログオフ)する
⑥再度QNAPへログオンする
⑦gitコマンドが使えるかチェック
 git --help
次のようにコマンドが実行されていればOK
キャプチャ4

■WIndowsに各種ツールをインストール&設定を行う
①msysgitをインストールする
https://gitforwindows.org/

②インストールしたGit Bashを起動して初期設定を行う
・コミット時に登録されるメールと名前を登録する
git config -–global user.email "メールアドレス"
git config -–global user.name “あなたの名前”
・日本語の文字化け対策で設定する
git config -–global core.quotepath false
・改行コードを Git が自動変換することを無効にする
git config -–global core.autocrlf false
・push コマンド時にブランチ名やタグ名を指定しない場合の標準動作を設定
git config -–global push.default upstream

③TortoiseGitをインストールする
自分は主にSubversionを使用しており、その頃からお世話になっているTortoiseに慣れ親しんでいるので同じような操作感のTortoiseGitを使います。
自分のOSのビット数(64or32)に合わせてダウンロードしてインストールします。
https://tortoisegit.org/download/
※一緒に言語パック(日本語)もインストールすると便利


■QNAPにGitの共有フォルダーなどを作成する
以下のような感じで、gitとして共有フォルダーを作成した。
キャプチャ5
※必要に応じて「共有フォルダー権限の編集」でアクセスできるユーザーも指定しておくと良いかと・・・


■SSHでQNAPにログインしてリモートのリポジトリ作成
再度、TeraTermなどからQNAPにログインして次のコマンドを入力する。
cd /share/git/
git init --bare test.git
これで、共有フォルダーに test.git が作成されている。あとはここにWindowsなどからアクセスを行う。

長くなったので後編へ続きます・・・


ZenFone5(2018)を入手して半年ほど経過しました

気がつけば、もう年末・・・w
半年ほど前にASUSのZenFone5を入手していました。
DSCN7569
なぜか?ASUSさんとは相性が良い様で、キャンペーンで当選していたのです。(;´∀`)
DSCN7570
この頃は、ZTE AXON7を使っていて、まったく不自由なく使っていましたが、せっかくなのでメイン用に切り替えてました。

DSCN7597a
ちなみにサイズ感は、全く一緒!
それでいて画面サイズが大きくなっているのは、すごいですよね。
 左:ZenFone5 6.2インチ
 右:AXON7 5.5インチ

DSCN7607
画面の発色も有機ELであるAXON7と比べると不利かな?と思うけど、実際は甲乙つけがたい感じです。


でもぉ~、絶妙な背面のカーブ感でAXON7の方が持ちやすいのはココだけの話・・・w
あとあれだな、音に関しては圧倒的にAXON7の方が勝っています。前面ステレオスピーカーは偉大です。
旭化成製のDACも良いんだろうなぁ~♪

それでも半年以上もZenFone5をメインとして使っていて全く不自由ないので良い端末だと思います。
あとはやっぱりメインメモリーが6GBもあるなんて素敵!アプリがスカスカ起動します。
そこら辺の社畜さんが使っているPCよりメモリーあるんじゃない?って思ったりw

ですが、、、そんな所に伏兵現る!!!!

ZenFone 5Qです。

DSCN7703
※写真は左5Qで右5です。購入すぐの設定前の画面なので白っぽいです。いつもは色温度を上げているのでZenFone5が赤っぽくなっています。そもそも写真映りが悪いですが…

やっぱりノッチディスプレイは、邪魔っすw

と言う事で、勢い余って買いました。ホワイト筐体です。
ZenFone5Qは、ZenFone5と比べるとCPUやメモリーは多少劣りますが、DUAL SIM + SDカードも使えるし、ノッチ無いし、意外とまとまってて良い端末だと思います。操作速度も気にならない。
OSも今はAndroid7.xですが、9 Pieに一気にアップデートされるという話もあったりするし良いんでない!って感じ。
唯一の不満は、端末がちょっと大きい。重い。(←重いのはバッテリー容量がこの中で一番多いのも影響かな?)

あと自分がいつも拘るのは、NFCが使える事。スイカ(実際にはPASMO)で残額見れるだけでも有難い!
これら全端末でNFCが使えます。安いZenFone5Qでもね♪

ちゅう事で、中国企業の製品が色々と言われる世の中になってしまったので、親日の台湾企業であるASUSさんには頑張ってほしいと思っている次第でした。。。(;´∀`)
 ※ちなみに日本企業製でまともなスマホはもう無いと思っていますw
  てか、圧倒的な『何か!?』の進化が無い限りスマホはもう何買っても一緒(誤差の範疇)な気がします

【広告です】

GIGABYTEマザーのサスペンド点滅しない件の対策だよ!

夏ころにPCを自作して1台新調していました。

まえにGIGABYTE製のGTX1080搭載グラフィックカードを購入して使っていた感じから結構イイじゃん!と思い、新調したPCにはGIGABYTEマザーH370 HD3を調達してサブマシーンとして使っておりました。(ものすごい久しぶりにGIGABYTE製のマザーを購入しました。486系PC以来かもしれませんw)

 

で、、、特に問題もなく使えてはいたのですが、1点だけ不満点がありました。

それは、サスペンドすると電源ランプが消灯してしまう問題!

 

その他に持っているPC(HP, ASUS, ASRock, MSI)ですとサスペンドすると電源ランプが点滅してサスペンド中であることが分かるのですが、こいつは分かりません。

 

設定の問題か?と調べたりすると、どうやらGIGABYTEマザーだけは伝統的?に点滅しないみたいです。

マジかよ!って感じです。(;´Д`)

 

んで、電源ランプ以外は特に問題なかったのでサブから開発用のメインへ昇格させたのですが、日常的にサスペンドを使っている身からするとメインマシーンでこの状況は辛くなってきました。

 

さてどうしたもんか?と無い知恵を絞ってひらめいたのが、サスペンド中でもUSBからの電源が供給されている。電源を切る(シャットダウン)とUSBの電源は落ちる。

って、事は、USBになにかデバイスを付けるLED点滅ユニットを作ればイケるんじゃね?って思いつきました。

 

ただのLED点滅だけのブツなので、とにかく安く仕上げるのに調べました。

stm32
STM32
F103を積んだこのモジュールだと数百円で買えます。しかもUSBモジュールとしても動作するみたい。早速入手!

STM32系の開発は多少慣れているのでさくーっとファームウェアを作ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょっと前からなのですが、STM32の開発環境が無償で使えるようになりました。

https://atollic.com/

ユーザー登録のみでSTM32の統合環境(日本語も対応しているよ)が揃えられます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

で、、、これだけだとWIndowsがサスペンドしたのか?シャットダウンしたのか?がデバイス側で分からないので、デバイスへ通知する常駐ソフト(ドライバー?)も開発。

 

あと例によって3Dプリンターでケースも作成!

 DSCN7732a

出来ました♪

ちょっと粗削りなところがありますが、目的が達成されたので満足です!(;´∀`)

STM32のPWM機能を使ってじゅわ~っとLEDを点滅させているので自己満に浸っていますw

 

一式おいておきますネ。以下のセットがZIP圧縮して入っています♪

 ①STM32のファーム

 ②Windows10用の常駐ソフト

 ③ケースの3Dモデルデータ

https://yahoo.jp/box/09udvy

 

DSCN7733a
STM32F103C8T6モジュールの「
A3ピン」に砲弾型LED(5V 5mm)のアノード(+)、「GNDピン」にLEDのカソード(ー)を繋げて下さい。

必要に応じて抵抗も必要です。自分は面倒なので秋月電子の抵抗付きLEDを使っています。

http://akizukidenshi.com/catalog/c/cregled/

 

 

【①STM32のファーム】

STM32F103のファームを書き込むには、ST-LINK V2(書き込み装置)とSTM32 ST-LINK Utility(Win用ソフト)が必要です。

 

書き込み装置は、パチモンが安く売っているようです。特に問題なく使えるらしい?です。

自分はパチモンが出る前にクソ高い純正品を買っていたので、そちらを使いました。(^_^;)

 

ソフトは、以下からダウンロードできます。ユーザー登録が必要です。

https://www.st.com/ja/development-tools/stsw-link004.html

 

接続はこんな感じにします。

DSCN7734a
DSCN7735a
また、自分の場合は認識させるのにUSBからの電源供給も同時に行いリセットボタンを押さないとダメでした。

キャプチャ
モジュールのリセットボタンを押した直後(素早く)にST-LINKUtilityの
[Connect]ボタンを押します。(※↑この画像では、表示設定を8bitに変更してあります)

キャプチャ2
認識されたらあとはゆっくりとメニューから
[Target][Program &Verify...]を選んでファーム"Stm32F103_LedUnit.hex"を書き込み(Download / Start)ます。

 

USB機器として認識させるWindows用のドライバー(STM32 Virtual COM PortDriver)は、次の場所からダウンロードできます。

https://www.st.com/ja/development-tools/stsw-stm32102.html

 

 

【②Windows10の常駐ソフト】

どこでも良いので任意の場所にSleepLedDriver.exeを保存します。

初回のみPC起動時に自動実行させるためのレジストリを書き換えるので「右クリック」して『管理者として実行』で起動します。

タスクトレイに出ますので、右クリックして「SETTING」を選びます。
cap01

AUTO RUNの項目にある[Enable]ボタンを押すと自動実行のレジストリを書き換えます。

 ※[Disable]を押すとレジストリを削除します。アンインストール時に押してください

 

なんと見ての通り、LEDの発光パターンを3種類も切り替え出来ます!

大した違いはありませんが・・・(笑)

 

内部的には、30秒間隔でLEDデバイスに状態を通知するプログラムになっています。

Windowsのメイン処理に負荷をかけない作りにしています。
あとついでにBIOSのErP項目も変更しておいてください。シャットダウンしてもUSBに常に電機が入りっパになるとLEDが点滅しちゃいますので・・・w

 

 

【③ケースの3Dモデルデータ】

おなじみのFusion360で作っています。ケースの上(ふた)と下(本体)の2つのパーツに分かれています。

 ※ふたを止めるネジだけは、ホームセンター等でM3サイズのを確保してください


LEDの穴は、ギリギリのサイズにしてあります。LEDが入らない場合は、中くらいの+ドライバー(大体のものは
5mmサイズなはず!?)を差し込んで「くりくり」して、調整しながら穴を大きくしてください。

3Dプリンターを持っている人は、そのまま印刷を・・・。

持っていない人は、Win10Paint 3Dアプリからオンラインで注文ができるみたいです。

ただし見積りでクソ高いです。見積金額『ふた\1639+『本体\1923』と出ています・・・。

こんなのだれが頼むのでしょうか!?(;´Д`)

cap3d

ここからは余談ですが、3Dプリンターって、なんでも簡単に出来る!って思う人が多いですが実際には結構シビアです。小さいですが今回のケースを全部プリントアウトするにも3時間ほどかかります。

また、先のケース画像をよく見てもらえば分かると思うのですが、バリや平面が波打っていたりします。

これをきちんと3Dプリント出来る装置は民生用ではありません。

自分は妥協してそのまま使用しちゃいますが、本当に綺麗にしたい場合など最終的にはパテを盛って削ったり塗装し直すなどの手作業が存在します。大元となる3Dデーターを作るのも大変ですしね。

なんでも簡単に出来ちゃうと思われる3Dプリントですが、結構、手間暇(経験も!)が掛かります。

何で報道とかはきちんとしてくれないのでしょうか?ちょっと調べれば分かる事なのに…技術立国日本と叫んでいる割には実情は情けないですw

 

以上です。

GIGABYTEマザーでサスペンドしても電源ランプが点滅しなくて寂しい人は、試してみる価値があるかも!?自分は大満足です!!!(;´∀`)

 

【補足1】

多少のラグが存在します。マザー本体の機能ではないのであくまでも疑似的?なサスペンド点滅処理になっています。この点を理解の上、使ってみたい方はトライしてみてください。

 

【補足2】

個人の作成なのでUSB IDSTMicro社製の開発用IDのままとなっています。

これで特に問題ないとは思いますが、ほかに同じ様な作りのUSB機器があった場合、USB IDが重複して使えなくなる可能性があります。

これの対策には、高いお金を払ってUSB機器の認証等を行わないといけないので、個人ではとても無理です。ハイ!